トップ  エンタメまとめ ファンタビ イルヴァーモーニー魔法魔術学校(1)ハリポタ ホグワーツ(1)J・K・ローリング(1)ニュート・スキャマンダー(2)ポッターモア(1)


ファンタビ・ハリポタのトリビア集

ハリー・ポッターシリーズの作者J・K・ローリングさんが、脚本を担当した「ファンタステックビーストと魔法使いの旅」に
登場する動物やハリポタとのつながりなど、映画だけではわからない裏設定などトリビアまとめました。

更新日 2017-07-03

776 PV



laputajin

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イルヴァーモーニー魔法魔術学校の創設者はスリザリンの末裔


「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」の映画の中で、ティナの妹のクイニーが姉妹の
出身の魔法学校を“イルヴァーモーニー魔法魔術学校!世界一の魔法学校よ!”と、言うシーンがありましたが、


このイルヴァーモーニー魔法魔術学校の創設者はスリザリンの末裔のイゾルド・セイアという女性で
1603年頃の生まれでアイルランドのケリー州、クームラフラの谷で幼少期を過ごしました。
両親は二人とも純血の魔法族の家系。
母方の伯母のゴームレイス・ゴーントは、非魔法族にも動物にも寛容なイゾルドの両親を気に入らず、
殺害してしまいます。イゾルドが非魔法族と婚姻でもしたらと危惧したのですね。


●ゴーント家は、ハリーポッターにも出てきますが、サラザール・スリザリンの末裔。
マールヴォロ・ゴーントの娘でメローピー・ゴーントは、マグルのトム・リドルと結婚してヴォルデモート卿を産み亡くなります。
スリザリン家は狂信的な純血主義者でいとこ同士が結婚をする習慣から何世紀にもわたって精神不安定と
暴力の血筋で知られていました。その為ゴームレイス・ゴーントもその血をひいていました。


その伯母から逃げ1620年にメイフラワー号でアメリカ大陸にわたりその後、マサチューセッツ州に
学校を設立します。


 

★北米に渡ったスリザリンの末裔は、どうなったのか?


イゾルトは、非魔法族(ノーマジ=マグル)の男性と結婚して、双子の娘を産みます。
・姉マーサは、魔力のないスクイブでした。結局マーサは魔法力のない男性と結婚し、それ以来ノーマジとして暮らしました。


・双子の妹のリーニャは、長年イルヴァーモーニー校で、「闇の魔術に対する防衛術」を教え、生涯独身でした。
  リーニャは生まれつき蛇語が話せたらしく、スリザリンの血を次の世代に伝えまいと決意していたらしいと言うことでした。


・イルヴァーモーニー校は、スリザリンの末裔のイゾルドが創設した魔法学校ですが、純血主義と言うわけではなく、
 幅広く門戸を開放していました。


 イゾルトの伯母ゴームレイスは、イゾルドを北米まで追ってきて、最後その地で亡くなりますが、
 ゴーント家の最後の末裔ではなく、その血筋はマルヴォーロ・ゴーント(ヴォルデモートの祖父)→
 メローピー・ゴーント(ヴォルデモートの母親)→トム・リドル(ヴォルデモート卿と英国で続いていました。)


・おまけにハリー・ポッターの第8巻舞台劇「ハリーポッターと呪いの子」では、ヴォルデモート卿と
 ベラトリクス・レストレンジの娘(デルフィー)が登場しています!


 076077J・K・ローリングさんのポッターモアのサイトで、詳しい情報がのっています。076

  

出典 Youtube

J.K.ローリング「イルヴァーモーニー魔法魔術学校」紹介映像【HD】
Ilvermorny School of Witchcraft and Wizardry - Pottermore
https://www.pottermore.com/writing-by-jk-rowling/ilvermorny
Writing by J.K. Rowling about Ilvermorny School of Witchcraft and Wizardry

★北米のイルヴァーモーニー魔法魔術学校の創設者イゾルド・セイアの物語が読めます。

★ハリポタのルーナの家にあったのはエルンペントの角だった078


ハリポタでよくルーナが、しわしわ角スノーカックを探しに行くとか、
言っていましたが、第7巻の「死の秘宝」では、ハリー達がルーナのお家で「ザ・クィブラー」の編集長で
ルーナのお父さんゼノフィリウス・ラブグッドがいる家を訪ねるとエルンペントの角が、飾られていました。


ルーナのお父さんは「しわしわ角スノーカックの角」だと、言い張っていましたが、
本当はエルンペントの角で危険物扱いで家の中に置くには危険すぎる品‥
ちょっとでも触れたら爆発するかもしれないとっても危険なもの‥と、ハーマイオニーが
その危険性を訴えていましたが、‥案の定大爆発してしまいましたが‥129


「幻の動物とその生息地」にも記載はありましたが、『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』では、
あのサイのような動物、恋のシーズンに入っていたようですが、エルンペントでした。
けっして「しわしわ角スノーカック」では、なかったようです。076


 コメント


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事



話題の記事HOT

エンタメまとめ
ブログ
ブログ
2ch くらし・ネタまとめ
2ch くらし・ネタまとめ
くらし・ネタまとめ
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2ch ニュースまとめ
2ch ニュースまとめ
くらし・ネタまとめ
ブログ
くらし・ネタまとめ
2ch くらし・ネタまとめ
くらし・ネタまとめ
2ch エンタメまとめ
くらし・ネタまとめ
2ch エンタメまとめ
ブログ
くらし・ネタまとめ
くらし・ネタまとめ