トップ  ニュースまとめ 銀行(1)強盗(3)事件(12)


衝撃的な銀行強盗事件まとめ

日本・海外問わず

更新日 2016-07-12

2056 PV



qwer1234

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ストックホルム症候群という語句の起源となったことで知られる銀行強盗および人質事件。この事件は、1973年にスウェーデンのストックホルムにあるノルマルム広場 で発生した。スウェーデンの犯罪事件としては、テレビで生中継された最初の事例となった。

 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%A0%E5%BA%83%E5%A0%B4%E5%BC%

当時の事件現場

1973年8月23日、刑務所から仮釈放中だったヤン=エリック・オルソンは、サブマシンガンで武装し、ストックホルム中心部のノルマルムス広場にあったクレジットバンケンに押し入った。オルソンは、事件直後に駆けつけた警官に発砲し、ひとりの手に軽傷を負わせた。オルソンは当初は9人の銀行員を人質に取り、その後の警察との交渉でうち同日のうちに5人を解放したが、4人の銀行員を人質として拘束して、銀行内に立てこもった。

 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%A0%E5%BA%83%E5%A0%B4%E5%BC%

オルソンは、300万クローネの現金と、オルソンの友人で1966年に起こした銀行強盗の罪で服役中だったクラーク・オロフソンの解放、そして逃走を認めることを要求した。オロフソンは、16歳の時から、武装強盗や暴行など何度も犯罪に関わっていた、「スウェーデン史上、最も有名な銀行強盗」とされる人物である。警察はこの要求を呑み、現金を提供し、オロフソンをオルソンに合流させた。また、交渉の結果、逃走用の車が提供されることとなったが、逃走しようとするとしても人質を連れて行くことは許さないということになった。

 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%A0%E5%BA%83%E5%A0%B4%E5%BC%

進展のないまま二日が経過・・・そして


  出典 afpbb.ismcdn.jp

事件現場の外

8月25日、警察は犯人たちが人質たちとともに立てこもっていた金庫室を封鎖し、食料の提供要求を拒んだ。
8月27日、警察は犯人や人質たちのいる金庫室の天井に穴を開けて、武器を捨てて投降しなければ「最後の手段を取る」などと、説得を試みた[7]。オロフソンはこの穴に向かって2度発砲し、2回目のときにひとりの警官の手と顔を負傷させた。同日、オルソンはオロフ・パルメ首相に電話し、安全に脱出させなければ人質を即座に殺すと脅迫した。翌日、再び首相に電話が入った。この電話は人質のクリスティン・エンマークからで、首相の強硬な姿勢に自分は不満であり、犯人たちとともに人質たちを現場から去らせてほしいと訴えるものだった。人質たちは、オルソンに脅迫されながらも、警察に対して敵対することも、人質同士の間で敵対することもなかった。

 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%A0%E5%BA%83%E5%A0%B4%E5%BC%

8月28日夜、警察は催涙ガスを使用する強硬策をとり、ガスの注入に気づいた犯人ふたりは自ら金庫外に出てきたところを逮捕された。人質は誰も、大きな負傷をしなかった。
事件後、犯人のオルソンは懲役10年の判決を受けた。

 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%A0%E5%BA%83%E5%A0%B4%E5%BC%

  出典 afpbb.ismcdn.jp

ガスマスクを付けた警察に連行される犯人

この事件で死者は一人もでなかった。


  出典 mgdb.himitsukichi.com

ニュース番組で実際に中継された画面

 1997年、アメリカ・ロサンゼルス、ノースハリウッドにて発生した銀行強盗事件。
 犯人のラリー・ユージーン・フィリップス Jr.とエミール・デクバル・マタサレヌは1990年頭から幾度も銃器を用いての銀行強盗、現金輸送車の襲撃を行っており、最終的に強奪した現金の総額は約1600万ドルにも及んでいた。(日本円で1億円以上)
 1997年2月28日朝、開店直後のバンク・オブ・アメリカ、ノースハリウッド支店に入り口から押し入った二人は、天井などに銃を乱射したのち、行員に銃を突きつけ現金を要求した。

 出典 http://mgdb.himitsukichi.com/pukiwiki/?%Ahttps://www.google.co.jp/search?biw=950&bih=910&tbm=isch&sa

 二人はバッグに金庫の紙幣をあるだけ詰めさせるが、この間に付近を通行していた住民が強盗に気づき通報。50名以上の警官が現場に到着し銀行を包囲する。
 しかし、犯人の二人は現金の詰まったバッグを持って堂々と入り口から現れ、包囲する警官隊に向けて銃撃を開始。銀行の駐車場にて警官隊との激しい銃撃戦が展開された。

 出典 http://mgdb.himitsukichi.com/pukiwiki/?%A5%CE%A1%BC%A5%B9%A5%CF%A5%EA%A5%A6%A5%C3%A5%C9%B6%E4%B9%D4%

しかし・・・

 彼らが所持していた銃は、両方とも違法にフルオート改造が施されたライフルで、ストックを換装し、75発入りドラムマガジンが装着されていた。
 フィリップスはクラス3Aのケブラー製防弾チョッキを胴体だけでなく腕や脚に着用。マタサレヌも胴体を防弾チョッキで覆っており、警官隊の持つハンドガンやリボルバー、ショットガンでの銃撃を受けても銃撃を続けた。反対に犯人の二人の銃器に装てんされた弾丸はすべて貫通弾であり、パトカーのボディを易々と貫通した。この犯人の銃撃で警官隊や野次馬の一般人が一方的に次々と負傷した。(計22人)

 出典 http://mgdb.himitsukichi.com/pukiwiki/?%A5%CE%A1%BC%A5%B9%A5%CF%A5%EA%A5%A6%A5%C3%A5%C9%B6%E4%B9%D4%

  出典 upload.wikimedia.org

通常状態(30発しか撃てない)


  出典 img01.militaryblog.jp

違法に改造された銃(75発撃てる)

 この銃撃戦の途中、奪った札束の中に強盗対策の染料発射機が仕込まれていたために二人はそれを放棄。フィリップスは、自分たちの乗ってきた車に積んでいたライフルに持ち替え、TV局のヘリにも銃撃を加えた。
 マタサレヌは自分たちの乗ってきた自動車に乗り込むと車内から発砲しながら駐車場からゆっくりと移動を開始。フィリップスは銃を再びライフルに持ち替え、マタサレヌが運転する自動車を楯についてくる警官隊に向け発砲しながら徒歩で住宅街へ逃走を図ったが・・・

 出典 http://mgdb.himitsukichi.com/pukiwiki/?%A5%CE%A1%BC%A5%B9%A5%CF%A5%EA%A5%A6%A5%C3%A5%C9%B6%E4%B9%D4%
  

出典 Youtube

North Hollywood Bank Shootout_February 28, 1997

 警官隊は追跡を続けるが、フィリップスが自動車から離れ、ライフルが故障して孤立したのを機に二人は分かれた。孤立したフィリップスは予備として持っていたハンドガンに持ち替えて警官への発砲を続けたが、警官側の銃撃が防弾チョッキのない手や脚の隙間に命中し負傷。直後にフィリップスは銃を自分のアゴに押し当てて発砲、自殺した。


 出典 http://mgdb.himitsukichi.com/pukiwiki/?%A5%CE%A1%BC%A5%B9%A5%CF%A5%EA%A5%A6%A5%C3%A5%C9%B6%E4%B9%D4%

  出典 mgdb.himitsukichi.com

自殺する直前/SWATに追い込まれる

 一方のマタサレヌは自前の自動車を放棄し、他の自動車を強奪しようとした。しかし奪ったトラックに付いていたキルスイッチを逃げた運転手が咄嗟に起動させていたために立ち往生。その隙に駆けつけたSWAT隊員三人がパトカーで急襲。自動車越しに激しい銃撃戦を繰り広げた。SWAT隊員は自動車の下の隙間から狙撃を敢行、結果マタサレヌは脚部を撃ち抜かれ、さらに弾切れとなったために降伏。救急車の到着前に脚部からの出血多量で死亡した。


 約45分に渡って繰り広げられた銃撃戦で犯人側は1000発以上も発砲し、12人の警察官と8人の民間人が負傷するも、奇跡的に犯人以外の死者はなかった(銀行内の人質は金庫に入れられ犯人の隙を見て扉を閉め、難を逃れた)。
 
 この事件はTV局の空撮によって、犯人が駐車場に現れてから死亡するまでが全米で放映され、それを元にしたTV映画がアメリカで放映された。

 出典 http://mgdb.himitsukichi.com/pukiwiki/?%A5%CE%A1%BC%A5%B9%A5%CF%A5%EA%A5%A6%A5%C3%A5%C9%B6%E4%B9%D4%

  出典 ww5.tiki.ne.jp

銀行の上の階へ潜入する捜査員

  

出典 Youtube

三菱銀行人質事件1979

三菱銀行人質事件(みつびしぎんこうひとじちじけん)は、1979年(昭和54年)1月26日に三菱銀行北畠支店(現三菱東京UFJ銀行北畠支店)に猟銃を持った男が押し入り、客と行員30人以上を人質にした銀行強盗および人質・猟奇殺人事件である。

 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E8%8F%B1%E9%8A%80%E8%A1%8C%E4%BA%BA%E8%B3%AA%E4%BA%8B%E4%BB%

逃げ出して来た客の女性が、たまたま銀行の近くを自転車で通りかかった住吉署警ら係長・楠本 正己警部補(52)と、ばったり出合った。
「銀行強盗です!あの銀行です!」

事情を説明するとすぐに楠本警部補は銀行内に飛び込んだ。梅川は、ナップサックに詰めさせた283万円を持ち、更にカウンターの上においてあった12万円をちょうどポケットに入れているところで、楠本警部補は通報が事実であることを直感し、梅川に対し
「銃を捨てろ!」と怒鳴り、拳銃を構えた。

警官に気づいた梅川は
「撃つなら撃ってみぃや!」と怒鳴り返す。すかさず楠本警部補は1発発射したが、もちろん当たらないように撃つ威嚇(いかく)射撃であった。
これに対して梅川も猟銃を発射した。梅川の放った弾丸は楠本警部補の胸に命中した。楠本警部補はその場にばったりと倒れ込んだ。

 出典 http://ww5.tiki.ne.jp/~qyoshida/jikenbo/041umekawa01.htm


16時50分、梅川が行員の1人である渋谷行員に、金のありかや銀行内の構造を聞いたが、渋谷行員はあいまいな返事をしてはっきりとは答えなかった。この態度に腹を立て、「お前、落ち着き過ぎて生意気なんや!」と渋谷行員に向かって猟銃を発射した。

渋谷行員はとっさによけたが、右肩に散弾を受け、その場に倒れた。梅川は持っていたナイフを別の男子行員に渡し、「まだ生きとるやろ。お前が首を突いて、こいつにとどめを刺せ。キモをえぐり取るんや。」と命じた。

ナイフを受け取った男子行員がとっさの機転で「もう、死んでます。」と答えると、「お前らソドムの市(いち)(映画)を知っとるか。」とうすら笑いを浮かべ、「ならそのナイフでこいつの耳を切り落とせや。ソドムの市で死人の耳を切る、あの儀式をするんや。」と更に命じた。

「切れません、切れません・・。」と泣きながら懇願(こんがん)するが、梅川は「お前も死にたいんか!」と銃口を向けた。

言われるまま男子行員は倒れている渋谷行員の左耳にナイフを当て「すまん・・すまん・・、生きててくれ、助かってくれ・・。」と謝りながら、行員の左耳の上半分を切り取った。あまりの痛さに負傷している渋谷行員は気を失った。

梅川はその切断された耳の破片を持って来させて、口に入れて噛んでみたが、「堅い。まずい。」といって吐き捨てた。

 出典 http://ww5.tiki.ne.jp/~qyoshida/jikenbo/041umekawa01.htm

 コメント

1.名前:Shyncahr 投稿日:2016/10/05(水) 01:39:20
comment4,
2.名前:Ykztnmti 投稿日:2016/10/05(水) 05:21:43
comment3,
3.名前:Yyuqwqhf 投稿日:2016/10/05(水) 05:21:46
comment6,
4.名前:Zzgjoloh 投稿日:2016/10/05(水) 08:11:04
comment2,
5.名前:Dfrrortl 投稿日:2016/10/05(水) 11:09:21
comment5,
6.名前:Udnuwznz 投稿日:2016/10/05(水) 14:03:41
comment1,
7.名前:Ontjlpcf 投稿日:2016/10/05(水) 16:03:54
comment2,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事




話題の記事HOT

ゲーム・アニメ・ITまとめ
ゲーム・アニメ・ITまとめ
ゲーム・アニメ・ITまとめ
エンタメまとめ
2ch ゲーム・アニメ・ITまとめ
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2ch ニュースまとめ
2ch ニュースまとめ
2ch ゲーム・アニメ・ITまとめ
2ch ニュースまとめ
くらし・ネタまとめ
2ch エンタメまとめ
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2ch ニュースまとめ
くらし・ネタまとめ
くらし・ネタまとめ
2ch エンタメまとめ
ニュースまとめ
くらし・ネタまとめ
くらし・ネタまとめ

スポンサーリンク