過去ログ


スポンサーリンク





620 PV

日本じゃ放送できない海外のアウアウな番組

海外のコメディー番組「クリス・ロック・ショー」から選んだ面白い場面を、
できる限りの範囲で日本語に翻訳してまとめてみました。


更新日 2016-07-13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  

出典 Youtube

Chris Rock - Gun Control

―46秒から


(当時起きたコロンバイン高校銃乱射事件について)


朝から銃を乱射して人を殺しまくる、間違ってるぜ!


”トレンチ・コート・マフィア”(いじめられていた生徒たちが集まってできた自警団的なグループ)だって?


「誰も僕たちと遊んでくれないよぉ~、トレンチ・コート・マフィアには友達がいないよぉ~」


6人もいたらしいじゃねえか!俺は高校時代6人も友達いなかったぜ!?


今もだけどな!


3 vs 3できる人数じゃねえか!


たまに言われるんだよ「クリス頼むよ、学校の子どもたちの前で話しをしてくれ」


俺に言わせりゃ子どもなんてクソくらえだ!


・・・まぁ、防弾チョッキを貸してくれるんならちょっとは考えるけど。


大人はみんな「子どもたちが聞いてる音楽は?映画は?」って言うけどさ、そいつらが見てたもんなんて誰が気にするかよ?こういう事件を起こすのは”クレイジー”な奴だからだろ!


 


―3分16秒から


必要なのは銃規制じゃなくて弾規制だ!


全部5000ドル(約50万円)にしちまえばいいんだ。


それだけ高くしちまえば流れ弾に当たる心配もなくなるからな。


かりに誰かが撃たれたとしても「こいつ相当なことをしたんだな、だって数千ドル分も撃たれてやがるぜ!」ってなるからな!


もし誰かが頭に来て「てめぇの頭をぶち抜いてやる!・・・弾があればな! 俺が仕事を見つけ、金を稼ぎ出したらてめぇは終わりだ!俺が弾丸を買えないことを祈ってるんだな!」


 


・・・


 


 


―4分35秒から


みんな問題を起こした子どもを責め立てて騒ぎ立てるけどさ、ならその親はどうなんだよ?


あいつらは本当にダメだぜ。あいつらこそ刑務所にいくべきだ。

  

出典 Youtube

Chris Rock - How not to get your ass kicked by the police!

俺を含め黒人社会の人々は常に警察にボコられるんじゃないかという心配を持っている。


そこで、この番組「クリス・ロック・ショー」は公共事業として、この教育ビデオを作成した。


 


「警察にボコられない方法」


 


1.法律を守れ


法律があるのには理由がある。それをヒントに考えよう。


(駄目な事例)


 


2.もし警察のランプが光ってるのを見たら、さっさと車を止めろ


みんな分かるだろ、もしお前が警察を捕まえざるを得なくなったらそりゃボコられるからな。


 


3.もしクソうるさいラップを流してたら止めろ


Fuck the police(警察なんてクソくらえ)なんて流してたら警察に捕まるのは当たり前だ。


 


4.警察が来たらちゃんとした態度でいろ


「なにか問題はありますか?」[正解]


「てめぇ何がしてぇんだクソ野郎!」[ダメ]


 


5.友達を車に乗せる前に・・・


もしかしたらそいつはクレイジーな野郎かも知れない。


乗る前にそいつに銃や薬、礼状がないか確かめよう。


 


6.友達にひとつだけ忠告しておこう、「黙っとけ」と


「おいなんだよクソが!てめぇ何がしてぇんだクソ野郎!」[ダメ]


 


7.もし車に友達を乗せるなら白人の友達を乗せよう


白人ならちゃんと切符も切ってもらえる。銃弾じゃなくて。


 


8.もし切れた女がいたら、家に置いてけ


なぜなら切れた女はあることないこと言うからな。


「彼大麻やってるわ彼大麻やってるわ!」


 


これらを守れば、もう警察にボコられる心配はないだろう。


 コメント


  • このエントリーをはてなブックマークに追加



qwer1234

名無し

プロフィール未設定

名無しの新着

2016-07-13
エンタメまとめ
2016-07-12
ニュースまとめ

スポンサーリンク