過去ログ







449 PV

『ジョジョの奇妙な冒険』第4部全スタンド1/3

現在好評放映中の『ジョジョの奇妙な冒険』第4部に出てくる全スタンドをご紹介いたします。まだ放映されていないスタンドも出てきますのでコミック版を見ていない方はネタバレ注意!!


更新日 2016-10-20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  出典 ec2.images-amazon.com

クレイジー・ダイヤモンド

クレイジー・ダイヤモンド
【破壊力 - A / スピード - A / 射程距離 - D / 持続力 - B / 精密動作性 - B / 成長性 - C】
人型のスタンドで、デザイン上の特徴としては全身にハートマークがあしらわれており、頚部には数本のパイプのようなものがある。
近距離パワー型で射程距離は短いが、パワーとスピードは承太郎のスタープラチナに匹敵するほどの最高位レベル。スピードや精密動作性に関しては、仗助本人は「スタープラチナには劣る」と評しているものの、スタープラチナと同様に、至近距離で発射された弾丸を指でつまんで止めることができるレベル。また、仗助が「キレた」時はパワー・スピード共に、瞬間的にスタープラチナを凌ぐ性能を発揮したこともある。ただし、本体が「キレた」時の爆発力はスタープラチナも同様であり、その際の性能差は不明。

 出典 東方仗助 - Wikipedia

エコーズact1

エコーズact2

エコーズact3

エコーズ
虹村形兆に「矢」で射抜かれたことで発現したスタンド。当初卵の状態で出現し、玉美との戦いで殻を破って誕生した。康一の精神的成長に合わせて脱皮するように進化していく。進化直後は進化前の能力を使用できず狼狽する場面もあったが、後にエコーズの各形態を用途に応じて任意で切り替えて使い分けている。スタンド名の由来はイギリスのバンドピンク・フロイドの楽曲「エコーズ」。『オールスターバトル』およびテレビアニメの北米版では、"Reverb"(リバーブ)と改名されている。
ACT1(アクトワン)
【破壊力 - E / スピード - E / 射程距離 - B / 持続力 - B / 精密動作性 - C / 成長性 - A】
卵から孵ったエコーズ。射程は50m程度。パワー、スピードはほとんど無いが、物体に文字(擬音)を貼り付け、その音を繰り返し響かせる能力を持つ。また、康一の気持ちを文章にしたモノを相手に貼り付ければ、相手の心に直に想いを強く訴えることができる。ただし、異常なほど思い込みの激しい人間には通用しない。デザインのイメージはエイリアンの幼生。
ACT2(アクトツー)
【破壊力 - C / スピード - C / 射程距離 - B / 持続力 - B / 精密動作性 - C / 成長性 - A】
「ACT1」が進化した姿で、やや小型化したエコーズ。射程はACT1と変わらない。ACT1よりスピードが格段に上昇し、尻尾を切り離して変形させたしっぽ文字に触れた者に文字に応じた擬音の効果を体感させる能力を持つ。文字はACT1同様物体に貼り付けることも可能。デザインのイメージは立ち上がったアライグマ。
ACT3(アクトスリー)
【破壊力 - B / スピード - B / 射程距離 - C / 持続力 - B / 精密動作性 - C / 成長性 - A】
「ACT2」が進化した姿で、それまでのエコーズの姿とは異なり子供のような姿をした人間型のスタンド。自意識を持ち会話も可能であり、康一には従順で丁寧な言葉使いだが口汚く、「S・H・I・T(エス・エイチ・アイ・ティー)」が口癖。射程は短く5m程度だが、その分身体的強度とパワーが増し肉弾戦が可能となった。殴った物質を重くする「3 FREEZE(スリー・フリーズ)」の能力を持つ。重さは康一が対象に近づけば近づくほど重くなり、30cmくらいまで接近すればスタンドさえも地面にめり込みほとんど動けなくなるほど重くできるが、一度に一つの物しか重くできず、射程距離外に出てしまうと重さが消えるどころか能力自体が解除されてしまう。なお第5部『黄金の風』での登場時には、破壊力が「A」に格上げされている。

 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%81%AF%E7%A0%

  出典 jojosoku.com

ザ・ハンド

ザ・ハンド(手)
【破壊力 - B / スピード - B / 射程距離 - D / 持続力 - C / 精密動作性 - C / 成長性 - C】
右手で掴んだあらゆる物を空間ごと削り取る、人型のスタンド。削られた空間は自然に閉じ、空間ごと削り取られた対象物がどこに行くのかは能力者の億泰自身にも分からず、クレイジー・ダイヤモンドの修復能力でも戻すことはできない。対象の強度・硬度に関わらず、当てることさえできればあらゆる物を削り取れる驚異的な能力を持つため、仗助や形兆など複数の人物から「恐ろしいスタンド」と評されている。しかし空間ごと削り取るには、右手で弧を描くような軌道で大振りする必要があるため、接近戦を得意とするスタンドやスピードが速いスタンドには直接当てることは難しく、劇中でも戦闘中に敵自体を削り取ったことは一度もなかった。レッド・ホット・チリ・ペッパーにも「スローすぎる」とこの欠点を指摘された。

 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%81%AF%E7%A0%

  出典 iso-labo.com

ヘブンズ・ドアー(天国への扉)

ヘブンズ・ドアー(天国への扉)
【破壊力 - D / スピード - B / 射程距離 - B / 持続力 - B / 精密動作性 - C / 成長性 - A】
露伴のスタンド。対象を「本」にする能力を持つ。能力を受けた人間は、基本的に体のいずれかの部位が薄く剥がれるような形で「本」のページとなる。「本」には対象の記憶している「人生の体験」が記されており、記述を読むことで相手の記憶や相手の知っている情報を知ったり、更にはページに情報を書き込むことで相手の行動・記憶を露伴の思うとおりに制御することも可能。能力で「本」状態にされた者は、普通の人間の場合は意識を失う。対象者がスタンド使いの場合は意識はあるものの、動こうとすると体が本のようにバラけてしまうため、何とか這いずって動く程度にまで行動が制限される。またページを破り取ると、その相手はその部分の記憶を失い、ページ分の体重が減少する。康一は露伴に大量のページを奪われていた時期には、体重が大幅に減少していた。

 出典 岸辺露伴 - Wikipedia

  出典 jojosoku.com

スタープラチナ(星の白金)

スタープラチナ(星の白金)
【破壊力 - A / スピード - A / 射程距離 - C / 持続力 - A / 精密動作性 - A / 成長性 - A→E(完成)】(『JOJO A-GO!GO!』による)
逞しい筋肉質の肉体を持った人型のスタンド。頭髪があり、デザインは「人型のスタンド」の中でも特に人間に近い。射程距離は約2メートルと短いが、他のスタンドを寄せ付けない桁外れなパワー、スピード、精密動作性、視力、動体視力を持ち、眼前から発射された銃弾を指で摘んで止めることもできる。決め技は「オラオラオラオラ……オラァ!!」の掛け声と共に拳撃の連打を相手に叩き込む「突きの連打(オラオラのラッシュ)」。また、力を人差し指と中指にためて伸ばし敵を切り裂く「流星指刺(スターフィンガー)」もある。スタンド名の由来は、タロットカードの大アルカナ17番目のカード「星」。後に「近距離パワー型」と呼ばれるタイプのスタンドの原型である。その圧倒的な性能、能力、また本体である承太郎の隙の無さから、Part4以降は「完成された」「強くて無敵の」「史上最高(最強)の」スタンドと形容されている。
スタープラチナ・ザ・ワールド
当初は優れた戦闘能力と身体能力を持つのみのスタンドだったが、Part3での最終決戦において、DIOの「ザ・ワールド」と同じ「時を止める」能力に目覚めた。この能力はPart4以降「スタープラチナ・ザ・ワールド」と命名され、Part6における解説では、この能力名がスタンド名として扱われることもあった。時を止められる時間は、Part3では一瞬 - 5秒、Part4では0.5秒 - 2秒、Part6では2秒 - 5秒と、時期によって一定していない。Part6の解説では、スタンドのスピードが光の速度(または時間)を超えた時に、この世の時間を止めることができると解説されている。DIOとは違い、時を止める時間を伸ばそうとはしなかった。

 出典 空条承太郎 - Wikipedia

  出典 www.4gamer.net

ハーミットパープル(隠者の紫)

ハーミット・パープル(隠者の紫)
【破壊力 - D / スピード - C / 射程距離- D / 持続力 - A / 精密動作性 - D / 成長性 - E】
イバラの像(ビジョン)を具現化するスタンド。ポラロイドカメラなどを媒体にすることで、念写を行うことができる。第3部の序盤では、ポラロイドカメラを使い念写をしてみせる際、カメラを叩き壊すほど強く殴らなければならないと本人が述べていたが、物語が進むとテレビや地面の砂を媒体にして、特に殴りつけたりはせずに遠くの様子や周辺の地図なども映し出せるようになっている。念写は自身が思い浮かべた対象の、断片的な情報やイメージを写し出すことが出来るが、必ずしもジョセフ自身が望む情報(対象人物の詳細な居場所など)を指定して正確に写し出すことまではできない。しかし、自身が位置を把握している対象については、テレビを介して姿を映し出したり、砂に地図を形成し位置を表示させるなど実況的な情報を投影することができる。

 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%BB%E3%83%95%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%

  出典 cdn-ak.f.st-hatena.com

ザ・ロック(錠前)

ザ・ロック(錠前)
【破壊力 - E / スピード - E / 射程距離 - A / 持続力 - A / 精密動作性 - E / 成長性 - E】
他者に取り付く南京錠型のスタンド。本体の周囲で罪悪感を感じた人間から出現し、対象の持つ罪悪感に応じて大きくなり、心身に重圧を与える。複数の相手に同時に取り付けることも可能。精神作用から、相手の自殺を誘発することさえあるという。罪悪感を持たない相手には効果がなく、錠を取り付けられた場合でもその素である罪悪感が無くなれば解除される。ゲームなどのルールを、契約した「約束」として守らせるために能力を使うこともでき、仗助と露伴のチンチロリン勝負では取立人として呼び出され、二人の勝負に立ち会った。

 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%81%AF%E7%A0%

  出典 cdn-ak.f.st-hatena.com

サーフィス(うわっ面)

サーフィス(うわっ面)
【破壊力 - B / スピード - B / 射程距離 - C(数十メートル) / 持続力 - B / 精密動作性 - C / 成長性 - C】
等身大の木製デッサン人形をベースに、触れた人間の姿、仕草、声紋からすべてコピーするスタンド。自律型スタンドで性格までコピーされるため、大雑把な命令には従うが本体の間田に忠実というわけではない。コピーした本体との見分け方は、サーフィスの方の額についている+型のネジ。実体化しており、普通の人にも見える。コピーされた相手はサーフィスと向き合うと、鏡に映ったように同じ動作しか取れなくなる。外見が変わっても木製なのは変わらないため、衝撃により破損することがある。あくまでデッサン人形に憑依するタイプのスタンドで、人形にダメージを与えても本体である間田にダメージは反映されない。また、クレイジー・ダイヤモンドほどではないが、パワーもスピードも共に高い。

 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%81%AF%E7%A0%

  出典 stat.ameba.jp

ラブ・デラックス

ラブ・デラックス
【破壊力 - B / スピード - B / 射程距離 - C / 持続力 - A / 精密動作性 - E / 成長性 - B】
髪の毛を自在に伸ばして動かすスタンド。縛りつけたり締め上げたりする単純な攻撃から、標的の頭皮に「ラブ・デラックス」の一部を植え込むことにより、頭皮から強引に引き回して歩行を阻害したり、その応用で行動範囲に制限を加えるなど幅広く応用が利く。また、その際に頭髪は巨大な別荘を覆い尽くすほど伸ばせるようになる。スタンド名の由来はイギリスのバンドシャーデーのアルバム「ラヴ・デラックス」。

 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%81%AF%E7%A0%

 コメント


  • このエントリーをはてなブックマークに追加



FRUIT2016

FRUIT2016

都内在住で、Webクリエイターをしております。

FRUIT2016の新着

2017-07-25
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-07-25
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-07-25
エンタメまとめ
2017-07-25
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-07-25
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-07-24
エンタメまとめ
2017-07-24
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-07-24
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-07-24
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-07-23
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-07-23
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-07-23
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-07-23
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-07-23
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-07-22
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-07-22
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-07-22
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-07-22
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-07-22
ゲーム・アニメ・ITまとめ