過去ログ







314 PV

ビフィズス菌入りポテトサラダ(殺菌済み)

死んでてOK!「乳酸菌」は生きたまま届ける必要がなかった?!


更新日 2016-11-17

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ殺してしまったのか https://t.co/Wxsek51Tpb

Wed, 16 Nov 2016 15:03:41 +0900
殺菌と表示されている乳酸菌製品は菌が死滅しているのか?
http://www.nyuusankin.com/sakkinnha.html
殺菌と表示されている乳酸菌製品商品について解説。加熱処理などで乳酸菌は死滅したていますが、生成する乳酸は存在するので、しっかりと腸内で働きます。

<なぜ生きている菌をわざわざ殺菌処理するのか?>
そもそも食品に乳酸菌が使われている大きな理由は、体に良い効果をもたらしてくれる効果が期待できることと同時に、程よいさっぱりとした酸味や香りをプラスしておいしさが増すことが理由となっています。
このさっぱりとしたおいしさは、乳酸菌が分解された際に生成する乳酸が基となっているのですが、一部の乳酸菌商品の場合にはその酸味が一定数を超えてしまうと、酸が強いため容器が溶けて破損してしまう原因になることや、旨味が減少してしまうので商品にすることができないなど品質上の問題から、乳酸菌を低温加熱で殺菌して死滅させています。
特に乳酸菌飲料にはこの処理されている物が多く、さっぱりとした酸味を保つにはやはり殺菌処理が必要になります。
またアルコール商品を醸造する際に、雑菌として扱われるアルコールに強い乳酸菌が存在するのですが、この乳酸菌はお酒の発酵の促進を早めて腐らせてしまうことがありますので、この乳酸菌も低温で加熱処理が施されます。

<殺菌された乳酸菌でも腸には効果的な働きをしてくれる!>

食品やサプリメントなど体に摂り入れた乳酸菌のほとんどが胃酸によって溶けて分解されてしまっています。
昨今では「プロバイオティクス」や「生きた乳酸菌」というキーワードがテレビCMなどで声高に叫ばれていますが、そのような生菌の商品を摂ったとしても結局は胃酸で分解されて腸に到達するまえに多くが死滅してしまいますし、それらが生きたまま届いてもその菌が腸に定着して善玉菌を増殖させるというわけではありません。
つまり摂取する前の生菌・死菌というのはあまり関係がなく、どちらも体や腸内環境には良いという風に考えられ、
それがたとえ殺菌処理された死菌であったとしても、腸内に届くことで善玉菌のエサとなったり、腸内に溜まった老廃物や有害物質を吸着して一緒に体外に排泄する働きや、免疫細胞を活性化させ健康的な病気に対して強い体を作ったりしてくれる効果がちゃんとあるのです。
というわけで解説は以上になりますが、このページのまとめると乳酸菌は「生菌・死菌」どちらを摂っても効果的だということ。
商品を購入する時に、成分表示ラベルに加熱殺菌乳酸菌などと書いてあると購入を躊躇してしまいそうになりますが、死滅してしまった状態でも無殺菌の乳酸菌商品と同じように、しっかりと腸内で働いてくれるので効果については問題点はありません。

 出典 殺菌と表示されている乳酸菌製品は菌が死滅しているのか?
「乳酸菌飲料(殺菌)」って意味あるの? 大手3社に聞きました - withnews(ウィズニュース)
http://withnews.jp/article/f0160326003qq000000000000000W00o10101qq000013137A
乳酸菌入りの飲料のラベルに書かれた「乳製品乳酸菌飲料(殺菌)」の文字がネット上で話題になっています。

ヤクルトに聞く

 生きて腸に届くことのメリットについて、担当者はこう説明します。

 「生きて腸に到達することで、『乳酸菌 シロタ株』は乳酸を、『ビフィズス菌BY株』は乳酸と酢酸をつくります。その乳酸や酢酸が、腸の運動を高めて便性を改善し、悪い菌の増殖を防ぎます。悪い菌が抑えられることで、腸の中の有害物質が減り、腸内腐敗を防止できます。これらの働きは生きた菌であるからこそ得られるものです」

カルピス製造元に聞く


  出典 tk.ismcdn.jp

「カルピス」は、できたてのおいしさを保つために、最後に加熱殺菌をし、密封しています。乳酸菌自体は殺菌されておりますが、発酵によって体によい成分が作られたり、また牛乳の成分がより消化吸収しやすくなっていたりするという特性があります。
出典:カルピスのホームページ

明治に聞く


  出典 www.nikkei.com

「明治ブルガリアヨーグルト」で知られる明治によると、乳酸菌は0℃以下で不活性化、50℃以上で死滅します。

 LG21乳酸菌などは、生きた状態では胃の中でピロリ菌の活動を抑制する作用などを発揮し、死んだ菌は善玉菌の餌となって腸内環境をよくすることがわかっているそうです。

 また、死んだ菌が腸内の免疫細胞を刺激して、低下している防御力を増強させる『免疫賦活』という効果があります。「インフルエンザの感染予防に効果的」とテレビなどで紹介されたR-1乳酸菌などは、つくりだす多糖体が免疫賦活効果を発揮するため、生き死にはそれほど関係ないそうです。

 明治の担当者は「それぞれの菌の特性にもよりますが、菌の生き死にに関しては、あまり重要視していません。それよりも、体内に入った乳酸菌は、体を通過することで作用を発揮し、数日で消化されてしまうので、継続して食べていただくことが大事です」と話します。

 乳酸菌の生き死によりも、継続して摂取することが大切とのことでした。

@yukimusii 死んでても効能に問題ないそうです

Thu, 17 Nov 2016 11:05:56 +0900

ポテトサラダの糖を分解して酸っぱくなってしまうからなんだよな。大体ビフィズス菌胃酸で死ぬし。ワクチンが死んだウイルスでも効くように死んでても免疫にはそれなりに効く。 https://t.co/CAjVdZyUb1

Thu, 17 Nov 2016 14:22:00 +0900

これは有難い食べ物だ! ビフィズス菌のせいで食べれないから 有難い! そして、病気治療で生物や菌類を食べたら行けない事は知られてないんだなぁ https://t.co/Xa0aes50Ig

Thu, 17 Nov 2016 14:24:15 +0900

ビフィズス菌は死んでても効果あるので問題ナシ https://t.co/lbNcBRCg9v https://t.co/rqKHjrNghh

Thu, 17 Nov 2016 01:43:50 +0900

殺菌しても効果があるからかなあ…ぶっちゃけ生きてても胃酸で死滅するのでどっちにしろ同じ(。-`ω-) https://t.co/9EM7WNCHvy

Thu, 17 Nov 2016 14:46:25 +0900

ビフィズス菌の死骸入りサラダとか前衛的 https://t.co/N07uRifmgq

Thu, 17 Nov 2016 12:36:36 +0900
  

出典 Youtube

【ロッテ 乳酸菌ショコラ】乳酸菌生きて100倍腸までクルーズ 360°動画(試験管内人工胃液試験に基づく)

 コメント


  • このエントリーをはてなブックマークに追加



nanjoutamami

南条タマミ

プロフィール未設定

南条タマミの新着

2017-05-10
くらし・ネタまとめ
2017-01-23
エンタメまとめ
2017-01-11
ニュースまとめ
2016-12-16
ニュースまとめ
2016-12-12
ニュースまとめ
2016-12-11
エンタメまとめ
2016-12-11
ニュースまとめ
2016-12-09
ニュースまとめ
2016-12-07
ニュースまとめ
2016-12-07
ニュースまとめ
2016-12-06
ニュースまとめ
2016-12-06
ニュースまとめ
2016-12-05
ニュースまとめ
2016-12-05
ニュースまとめ
2016-12-04
ニュースまとめ
2016-12-04
ニュースまとめ
2016-12-02
ニュースまとめ
2016-12-01
ニュースまとめ
2016-12-01
ニュースまとめ