過去ログ







466 PV

ダークファンタジーに最高峰!!『べルセルク』その全貌!!5/6

ダークファンタジーに最高峰『べルセルク』その今までの軌跡の全貌!!


更新日 2016-11-09

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  出典 image.news.livedoor.com

ユリウス (Julius)
声 - 水野龍司 / 小山力也
国王の弟で第2王位継承者。ミッドランドの二大騎士団の1つである白龍騎士団団長で「白竜将軍」の異名を持つ。王妃の愛人。軟弱な息子アドニスを立派な跡継ぎにするために厳しく接する。典型的な貴族主義者で、グリフィスのことを「平民出の成り上がり者」と激しく嫌い、国王や周囲のグリフィスへの評価が高くなると嫉妬が高じてなおさら、グリフィスへの憎悪を募らせ、近々自分と同じ地位になるであろう事態を危惧。フォスに唆されてグリフィス暗殺計画を首謀したが失敗し、報復としてガッツに暗殺される。原作とTVアニメ版では、ガッツはユリウス暗殺時にいつものだんびらを使用していたが、劇場版では「剣で身元が特定される」という理由から普通の剣に変更されている。

 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%81%AE%E7%99%BB%E5%A0%

  出典 i.ytimg.com

アドニス (Adonis)
声 - 水間まき(映画)
ユリウスの息子で国王の甥。第3王位継承者。気弱で華奢な美少年。父ユリウスからまっすぐな愛情を受けずに育ち、ガッツは彼に幼き日の自分と養父ガンビーノの関係を重ねていた。将来は白龍騎士団団長となる筈であり、シャルロットとの婚姻により王位を継承する可能性もあった。不運にも、父ユリウス暗殺の現場に偶然居合わせ、反射的に反応したガッツに口封じで殺害され、その幸薄く短い生涯を終える。

 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%81%AE%E7%99%BB%E5%A0%

  出典 

フォス(Foss)
声 - 辻村真人 / 西村知道(アニメ第2作)
ミッドランド内務大臣。心理的な駆け引きに長じた人物で宮中で様々な権謀術数を駆使し、宮廷闘争を影で操ってきた狡猾な人物。グリフィスが武功を認められて貴族として列せられた時、旧守派に根回しつつユリウスや王妃らを唆し、グリフィス暗殺計画を練る方向に誘導していた。しかしそれをグリフィスに看破された上に娘のエリーゼを人質に取られたため、粛清に荷担させられる。以来グリフィスに対しては畏怖を感じ、一切の権勢欲を捨てて宮廷闘争から身を退く。国王が崩御しクシャーンが侵攻してきた後は、ミッドランドの残党を率いて抵抗組織を編成。国王が崩御する前からグリフィスの帰還を信じ、再会した時には崇拝と言っていい程にグリフィスに傾倒するようになっている。劇場版では、上記の王妃同様登場しない。

 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%81%AE%E7%99%BB%E5%A0%

  出典 rr.img.naver.jp

ラバン (Raban)
声 - 大川透 / 大塚芳忠
ミッドランド王国アークロー騎士団団長。不利な戦に於いても冷静に戦力分析が出来、堅実で思慮深い人物。オールバックの髪とラウンド髭が特徴。グリフィス捕縛の命を受けて行方を追っていたが、疫病や災害で荒廃した領土と領民を目の当たりにし、王の変貌と任務の目的に疑念を抱き、国の行く末を憂慮する。クシャーン占領下の王都ウィンダムへ潜入、フォスから実情を知り、クシャーンに連行され捕囚となったウィンダム市民を救出すべく脱出作戦を行う。全てを見通すかの「鷹」の啓示に少々の困惑と畏怖を抱いている。

 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%81%AE%E7%99%BB%E5%A0%

  出典 rr.img.naver.jp

オーウェン (Owen)
ミッドランド王国トゥーメル騎士団団長。国への忠義に厚い人物。ラバン同様、国の将来を憂えている。ヴリタニスの舞踏会でミッドランド諸侯同士の諍いを仲裁。国の危機に際しても保身に走る諸侯を見て団結を呼びかけるも、王家なくして国の存続は不可能と断られる。ヴリタニスに現れた新生鷹の団に合流。ラバン同様グリフィスを高く評価しているが、盲目的とも取れる周囲の熱狂に違和感を禁じえないでいる。

 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%81%AE%E7%99%BB%E5%A0%

拷問官
声 - 青山穣 / 茶風林
ミッドランドの牢獄の獄長。小柄で、醜悪な風貌と性根の持ち主。国王から引き渡されたグリフィスを1年間拷問し続け、再起不能にする。その後ガッツたちがグリフィスの救出のために牢獄を訪れた際に彼らを独房に閉じ込めることに成功するが、軽率な挑発がガッツの怒りを買い独房の扉ごと身体を貫かれ、舌を切り落とされた挙句、「再生の塔」の縦穴へ落とされて死亡する。TVアニメ版では口調、容姿共に原作とは異なる姿になっている。

 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%81%AE%E7%99%BB%E5%A0%

チューダー帝国

ゲノン (Genon)
声 - 大木正司 / 矢尾一樹
北方戦線総司令官総督。元は一地方貴族に過ぎなかったが、莫大な財力でこの地位にまでのし上がりドルドレイ要塞に総督として赴任す。衆道家であり、何人もの美少年を色子として侍らせている。まだ駆け出しであった鷹の団の消耗戦回避と戦力費用を欲したグリフィスと一夜を過ごしたことがあった。後のドルドレイ要塞攻防戦では敵対する立場になるが、最優先事項としてグリフィスの身柄確保に執着している。しかしグリフィスの身柄に執着しすぎたため自ら戦場に赴き指揮系統を混乱させ、惨敗の要因となる。最期にはグリフィス自身の手で討たれる。

 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%81%AE%E7%99%BB%E5%A0%

  出典 stat.ameba.jp

ボスコーン(Boscorn)
声 - 沢木郁也 / 菅生隆之
チューダー帝国最強と謳われる紫犀聖騎士団団長。兜に犀を象った重厚な甲冑を纏い、長大な槍斧を操る猛将。最強不敗の英雄として世界中に勇名を馳せており、ドルドレイ城塞に将軍として駐屯。ミッドランドの軍勢を正攻法で正面から堂々とぶつかる戦法で迎え撃つ。戦場の指揮に口を出す上官ゲノンを快く思っていなかった。鷹の団との戦いの中でガッツと一騎討ちをし激闘の末ガッツの剣を折り飛ばして追い込むが、ゾッドが遥か遠方から投げ込んできた大剣を振るったガッツに乗馬諸共に首を切断され敗北。ボスコーンの敗北と要塞の陥落により、チューダー軍は恐慌に陥り潰走した。劇場版ではゾッドの部分と剣が折れる部分がカットされており、決着の内容は「助太刀するもあっさりと斬られた味方が持っていた旗槍を投げて、一瞬の隙を作った隙に斬る」という展開に変更されている。

 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%81%AE%E7%99%BB%E5%A0%

  出典 lh3.googleusercontent.com

アドン (Adon)
声 - 玄田哲章 / 小山力也
青鯨超重装猛進撃滅騎士団団長。チューダーの名門「コボルイッツ家」の長男。自称「不死身の智将」「不死身男爵」。何かというとコボルイッツ家に代々ウン百年伝わるという仰々しい技の口上を述べるが、ほとんど役に立たず[5]、ギャグキャラクターとしての色合いが強い[6]ものの、三叉槍やコルセスカを愛用する槍術の達人であり、鷹の団の平騎士程度では歯が立たない[7]。また、激怒していたガッツと戦い顔面に重傷を負うも命は助かるなど、防御力・生命力[8]も頑強である。鷹の団と戦闘を繰り広げ、ガッツの百人斬りの場に居合わせた。弟サムソンと傭兵100名以上を討ち取られたため、将軍のボスコーンから激しい叱責を受けドルドレイ城塞攻防戦時には指揮権を剥奪される[9]。青鯨超重装猛進撃滅騎士団と共に要塞の留守居役を命じられていたが、グリフィスの策により堡塁に侵入していたキャスカの一隊と遭遇。迎撃するもキャスカに圧倒されてしまうが、土下座して謝ったフリをして、油断したキャスカにしびれ薬を塗ったボウガンの矢を放って形勢逆転するが、最後は急接近したキャスカに口を斬られ戦死。劇場版では謝ったフリをしてボウガンを放つところが、騙し討ちをしてキャスカの剣をへし折るという展開に変更されており、こちらの最後は、突きつけた槍を握られて急接近され、腰に差していた自分の剣をキャスカに奪われて喉を貫かれ死亡という展開になっている。

 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%81%AE%E7%99%BB%E5%A0%

サムソン (Samson)
声 - 青山穣
青鯨超重装猛進撃滅騎士団副団長。アドンの弟でチューダーの名門「コボルイッツ家」の次男。巨体を覆う鎧は厚みが通常の3倍あり、水牛の頭蓋骨をも粉砕する鉄球を振り回す。しかしガッツに鉄球を破壊され、直後の反撃で盾ごと頭を割られ死亡。劇場版では登場しない。

 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%81%AE%E7%99%BB%E5%A0%

クシャーン帝国


  出典 honmanyomi.net

ダイバ (Daiba)
妖術師長兼妖獣兵団(ピシャーチャ・ガナ)団長の老魔術師。「仙将(パラマリシャ・センアーンイー)ダイバ」の異名を持つ。「大魔道帝国」建国を悲願とし、ガニシュカの右腕として活躍する。水を元素霊とする呪術攻撃を得意としており、発動時には空中に浮遊しながら座している。ヨガを体得しており、水中で長時間にわたり息を止めることも可能。ガニシュカが転生するのに使用したベヘリットは彼が献上したもの。ヴリタニス襲撃の際に港湾でガッツ一行と交戦、魔法と魔法の武具で武装した「狂神の戦士」(ガッツ、シールケ)と「風神の戦士」(セルピコ)によって手酷い惨敗と損害を蒙る。魔子宮の製作者で、魔子宮に身を投じ怪異な姿と成り果てた主人ガニシュカの姿に恐怖、狼狽する。戦後はファルコニアに落ちのび、ルカが管理する宿の厩舎管理をしていた。エリカに傷めた膝を補助する器具を貰ったことからラクシャスに襲撃されるリッケルトたちを助け、厩舎に隠していた「飛獣(ガルダ)」でファルコニアを脱出する。

 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%81%AE%E7%99%BB%E5%A0%

  出典 iwiz-chie.c.yimg.jp

シラット (Silat)
声 - 中村悠一(映画)
暗殺集団バーキラカ一族首領。権力闘争に敗れたため、奴隷の身分に没落した一族の末裔の嫡子。ジャマダハルやチャクラム、ウルミンなど何種類もの奇妙な武器を使いこなし、後ろから飛んできたボウガンの矢を振り向きもせず素手で掴むなど卓越した体術も心得ている。ガッツの鷹の団再合流時には討伐隊に雇われ、ガッツと2度戦うも敗れ、額に傷を負わされている。ラクシャスによると族長の息子という立場と、一族によって磨き上げられた業を「覚えただけ」で満足し高慢に陥っていたが、ガッツに敗れて以降は戦場の実戦で鍛練を繰り返し、現在はラクシャスをして侮れない腕となっている。クシャーン帝国侵攻時には一族にとって数百年の悲願である帝国への正式な復帰を果たすために一度はガニシュカの軍門に下るも疑念を感じ、新生鷹の団とガニシュカ双方を見極めるために中立の立場を取り、情勢を見守る。「鷹」の情報を知るリッケルトに身の安全と引き換えに取引を持ちかける。

 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%81%AE%E7%99%BB%E5%A0%

ターパサ (Tapasa)
バーキラカ一族の頂点とされ、シラットの側近。シラットを「若」と呼ぶ。確認出来るだけで4人おり、額にそれぞれ意匠の違う紋章のような刺青がある以外はほぼ同じ見た目をしている。いずれも全身の筋肉と節を極限まで鍛え上げた巨漢で、第2及び第3指の付け根をはじめ、格闘技で打撃に用いる各部位が大きな瘤状になっており、素手で甲冑をひしぎ、一撃で絶命させる闘術を体得している。エリカやルカからはオークと間違われ、リッケルトからも「これだけ目立つ容姿でよく刺客なんて…」と言われたが、当人たちからすると納得がいかないらしい。

 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%81%AE%E7%99%BB%E5%A0%

法王庁


  出典 

モズグス (Mozgus)
声 - 小山力也(アニメ第2作)
「血の経典」の異名を持ち、どんな軽微な罪さえも許さぬ[10]苛烈な審問で恐れられる異端審問官。法王庁から派遣され、異端の徒や異教徒として裁いた者をことごとく磔刑や車輪轢きの刑といった極刑に処しており、その数は500人以上に上る。分厚い聖書を所持して法衣を着て帽子を被り、朝晩1000回にもなる頂礼を10年以上に渡って、欠かさずし続けたために扁平な顔になり(これを見たセルピコは「あの顔の秘密はこれですか」と妙に納得していた)、同時に両膝を痛めてしまっているため、走る事が出来ない。普段は温厚そうな顔だが、激昂すると顔全体が強張り血管が浮かぶ。「信仰とは死ぬことと見つけたり」という信念をもち、彼を襲う異端者(とモズグスが決めた者)が「天誅」という言葉を使っただけで激昂して聖書の背で撲殺し、あまつさえ「お前達ごときが神の代弁者たる法王庁に口答えする権利など無いわ!」と怒鳴りつけるなど文字通りの狂信者。しかしながら同じ神の信者には比較的寛容で、ファルネーゼの失敗を優しく許したり、彼女の懺悔を聞いて信者として完璧な(セルピコ曰く「うさんくさい」)正論を説いたりしている。だがその一方で「この地獄の様な光景も法王庁の一面。神とは慈愛のみこの地上に降り注ぐものではありません。厳格な裁定者でもあるのです」と余りに惨い拷問に目を逸らしたファルネーゼを諭しており、狂信者と映る反面、清濁を併せ飲み、己の信念と使命を全うしようとする一面を見せていた。自身が自らの足で集め、彼に心酔する弟子たちを常に従えており、その死に際しては血涙を流した。断罪の塔で完璧な世界の卵によって弟子と共に使徒もどきに変貌した。変貌直後の姿はそれまでの姿に天使のような翼が生えただけであったが、ガッツとの戦闘中に全身を鱗状の羽根で覆われた姿に変化した。どちらの姿でも、火を吹く攻撃が可能。使徒もどきとはいえ、力は並の使徒以上で表皮も硬く、ドラゴンころしの一撃すら通用しない強度でガッツを苦戦させるも、激闘の末に心臓付近にある聖書が表皮で覆われていなかったことを見抜いたガッツによって、心臓を聖書ごと貫かれて死亡した。

 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%81%AE%E7%99%BB%E5%A0%

  出典 1.bp.blogspot.com

モズグスの弟子達
異端審問官モズグス専任の拷問執行人。異端・魔女とされた者を審問にかけ、モズグスが下した判決に従って処刑するのは彼らである。各々の名前は不明。合計で6名おり、日光に身をさらすと火ぶくれができ、身体の抵抗力も皆無な体質のペストマスクを被った美男子、巨大な鋼鉄の車輪を武器とする筋肉の塊のような童顔の大男、頭と肩甲骨あたりが変形した長身の身体で鎖に鍬鋏がついたような武器を持つ大男、目をくりぬくペンチと敏捷性を武器とする小男、「二児」と呼ばれている鋸を2つ組み合わせたような武器を2人1組で持つ双子、から構成される。彼らはその先天性の畸形により、世間から迫害されて見世物にされたり、怪物として人里を離れたところに潜み暮らしていたが、モズグスの慈愛の心によって信仰の道に入り、異端審問を神からわが身に与えられた聖なる職務として、真摯に執行している。全員がモズグスと共に天使のような翼の生えた使徒もどきとなるが、ガッツ、イシドロ、ジェロームの3人に倒される。

 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%81%AE%E7%99%BB%E5%A0%

 コメント


  • このエントリーをはてなブックマークに追加



FRUIT2016

FRUIT2016

都内在住で、Webクリエイターをしております。

FRUIT2016の新着

2017-03-22
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-03-21
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-03-21
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-03-21
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-03-20
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-03-20
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-03-20
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-03-19
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-03-19
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-03-18
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-03-18
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-03-17
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-03-16
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-03-16
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-03-15
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-03-15
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-03-15
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-03-14
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-03-14
ゲーム・アニメ・ITまとめ