過去ログ







646 PV

【次世代の電気自動車】走りながら給電できる夢の新技術が始動!!

東大などが走行中給電ができる自動車の技術開発に成功。ついに夢の未来自動車網が浮かび上がってきた。そんな技術の数々に迫ります!!


更新日 2017-05-16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  出典 amd.c.yimg.jp

“給油”が不要
走行中給電は電車のように、走っている車両に電気を供給する仕組みのこと。電車の場合は線路や架線を通じて給電するが、EVでは高速道路などにコイルを敷設し、この上を車両が通過するときにワイヤレスで給電する。実現すれば自動車の発明以来、初めて“給油作業”が不要になる革新的な技術だ。

 出典 走りながら給電、夢の新技術が始動 次世代の電気自動車 (産経新聞) - Yahoo!ニュース
  

出典 Youtube

走りながら給電、夢の新技術が始動

規制対応で進化
EVが走行中給電で進化が求められるのは、ガソリン車に乗るのがこれから難しくなるからだ。欧州では21年から、乗用車の二酸化炭素(CO2)排出量が1キロメートルの走行当たり95グラム以下に規制される。ガソリン車でこれをクリアするにはハイブリッド技術なしには厳しい。

 出典 走りながら給電、夢の新技術が始動 次世代の電気自動車 (産経新聞) - Yahoo!ニュース

  出典 image.itmedia.co.jp

今より安価に
問題は車の価格だが、むしろ安くなるという。現在のEVで東京-大阪間(約500キロ)をノンストップで走るには約2倍のバッテリーを積む必要があるが、走行中給電なら現在の半分程度で済む。藤本氏は「バッテリーの差額からすれば、コイルなどの追加はたいした金額ではない」とみる。実現に欠かせないのがインフラの構築だ。早稲田大の高橋俊輔招聘(しょうへい)研究員は、路面コイルの設置費用を1キロ当たり2~3億円と見積もる。東大方式なら路面の3分の1で給電をまかなえるため、東京-大阪間の高速道路で上下の各1車線に設置すると1千億円で足りる計算だ。

 出典 走りながら給電、夢の新技術が始動 次世代の電気自動車 (産経新聞) - Yahoo!ニュース
  

出典 Youtube

トヨタ、リチウムイオン電池で新技術開発 航続距離15%向上・未来を観た外国人感動「また新しい夢だ」【海外の反応】
  

出典 Youtube

次世代の超軽量電気自動車 - ULV : DigInfo
  

出典 Youtube

【海外の反応】驚愕!遂に来たか!新世代バッテリーの技術は日本のものに!電気自動車が1回の充電で驚異的な300マイル走る時代の到来か!?そのパワフルなバッテリーに海外が興味津々!

  出典 www.gizmodo.jp

 コメント


  • このエントリーをはてなブックマークに追加



FRUIT2016

FRUIT2016

都内在住で、Webクリエイターをしております。

FRUIT2016の新着

2017-08-22
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-08-22
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-08-22
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-08-22
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-08-22
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-08-18
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-08-18
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-08-18
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-08-18
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-08-15
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-08-15
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-08-15
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-08-15
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-08-13
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-08-12
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-08-12
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-08-12
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-08-11
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-08-11
ゲーム・アニメ・ITまとめ