過去ログ







237 PV

『ジョジョの奇妙な冒険』第6部全スタンド2/3

『ジョジョの奇妙な冒険』第6部ストーンオーシャンに出てくる全スタンドをご紹介いたします!!


更新日 2016-10-25

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  出典 jojo.matomeno.net

マリリン・マンソン(取り立て人 マリリン・マンソン)

マリリン・マンソン(取り立て人 マリリン・マンソン)
【破壊力 - E / スピード - A / 射程距離 - A / 持続力 - A / 精密動作性 - A / 成長性 - C】
賭けに負けた相手の心の弱みにつけ入り、強制的に賭け金相当の物(手元に金品などが無い場合は、内臓等の人体の一部が取り立てられる)を取り立てるスタンド。なお、賭けの敗北にはルール違反(スタンド能力のみに頼っての継続など)も含まれる。人型で目は液晶ディスプレイのようになっている。対象の心の闇が具現化した存在であるため隠し事はできず、取立て中は無敵という特殊なスタンド。しかし、取立てが行われる前に相手が負け分を取り返そうと再度勝負を持ちかけると取立てが中断される。ちなみに、取り立てられればなんでもOKという訳ではなく、本人の所有物でなければ奪わない。さらに、取立ての時こそ無敵だが、それ以外の能力は皆無のため戦闘では全く役に立たない。

 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%

  出典 jojo.matomeno.net

ジャンピン・ジャック・フラッシュ

ジャンピン・ジャック・フラッシュ
【破壊力 - B / スピード - C / 射程距離 - B / 持続力 - A / 精密動作性 - D / 成長性 - E】
唾液を吐きつけた相手と、その相手が触れたもの全てを無重力状態にする人型スタンド。頭部と手首以外は本体と同じ格好をしている。スタンド能力で無重力空間となった場所からは次第に空気が失われ、真空となる。また、スタンドの手首のリング状の部分にはネジなどを入れる事ができ、遠心力で弾丸のように飛ばして攻撃する事も可能。無重力下の射程距離は唾液を吐きつけた対象から20m程度で、そこから離れれば間接的に無重力化したものは全てその効果が解除される。

 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%

  出典 www.suruga-ya.jp

リンプ・ビズキット

リンプ・ビズキット
【破壊力 - なし / スピード - B / 射程距離 - B / 持続力 - A / 精密動作性 - C / 成長性 - E】
死んだ生物を見えない死骸(ゾンビ)として甦らせるスタンド。蘇った生物は本能から脳味噌を喰らうようになる。死体の本能というが、中身のない剥製や腐乱死体でも一切問題ない。またゾンビ化すると上下の概念がなくなるため、壁や天井を自由に歩く事ができる。人間をゾンビ化させた場合、喋ることができるが周囲に声が届くことはない。なお、スタンドもゾンビの方に組み込まれる。ゾンビ化時の外見は死体そのものに依存するようだが、意識がどの程度残るかは不明(少なくともスポーツ・マックス本人は死後間もないせいか、多少混濁していたが自我はほぼ残っていた)。また、スポーツ・マックスは下水管で死亡したせいか血管にドブ水が流れており、それは視認可能だったが細かい理屈は不明。死体そのものは透明化することなくその場に死体のまま留まり、ゾンビが破壊されると死体も破壊される。ただし、首の切断程度では破壊扱いされないらしく、それをフェイントに使われた。見えないゾンビを作る能力とされるが、上記の性質から正確には「肉体的遺物の持つ本質を物理的干渉能力を持つ存在へと変化させる」という能力である。

 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%

  出典 jojo.matomeno.net

ドラゴンズ・ドリーム(龍の夢)

ドラゴンズ・ドリーム(龍の夢)
【破壊力 - なし / スピード - なし / 射程距離 - なし / 持続力 - A / 精密動作性 - なし / 成長性 - なし】
羅針盤に竜の頭部がついたような外見。対象を中心とした吉凶の方角を指し示すスタンド。ケンゾーの近くにある場合は安全な方角を示し、離れると相手の凶の方角へと移動する。自我を持っており口は悪い。凶の方角からの攻撃は、「凶の方角から攻撃をしたこと」あるいは「凶の方角にいるドラゴンズドリームに触れること」により必中が確定し、例え何とかその攻撃を防いだとしても何かしら不幸が起こって確実にダメージを受ける(相手が行おうとした行為は失敗するという副次効果もある)。ドラゴンへの接触は、対象に行った攻撃の結果として相手がドラゴンに触れても発動する。なお、接触するとその部位をドラゴンが食いちぎり、凶の方角へと転移して攻撃が行われる。

 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%

  出典 jojo.matomeno.net

ヨーヨーマッ

ヨーヨーマッ
【破壊力 - C / スピード - D / 射程距離 - A / 持続力 - A / 精密動作性 - D / 成長性 - C】
何故か本体と同じ形状の帽子を被ったスタンド。明確な意思を持って行動し、二人以上の人間が見張っている間は召し使いのように相手に従順で献身的だが、見張る人間が一人以下になると様々な策を弄して溶解力を持つ唾液で攻撃する自動操縦型スタンド。そのことに気づいた時には舌が溶かされ、呼吸困難に陥っている。攻撃しても大喜びするだけでダメージは与えられず、すぐに再生する。当初、こっそり近づいて緑の赤ちゃんが入った塊を飲み込んでしまう。DアンGを殺害する為に単独行動をとったF・Fを攻撃し、蚊や水しぶきなどを使って気づかれないように徐倫とアナスイにもダメージを与える。しかし、アナスイにより追跡用のセンサーにカエルの脳を繋げられたことで無力化され、DアンGの死亡に伴い消滅した。

 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%

  出典 jojo.matomeno.net

サバイバー

サバイバー
【破壊力 - E / スピード - E / 射程距離 - E / 持続力 - C / 精密動作性 - E / 成長性 - E】
小型の円盤状のスタンド。脳内の電気信号に影響を与える事で、人間の闘争本能を極限まで引き出す。能力の影響を受けた者は半無意識に死ぬまで殺し合いを続けることになる(持続力がCである理由は不明)。また戦いの最中には相手の「最も強い部分」が輝いて見え、ダメージを負った部分は消し炭のように黒く淀んで見えるようになる。生前のDIOがプッチに与えたスタンドであり、DIOによれば本来の本体であった男もスタンドの影響で周囲の人間が事あるごとに喧嘩を始めたり、家族が離散するなどの悲惨な状況に陥っていたという。またスタンド自体に破壊力は無いものの、敵味方関係なく乱闘を引き起こす特性から「最も弱いが、手に余るスタンド」と評している。

 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%

G.D.st刑務所・関係者

ホワイトスネイク

ホワイトスネイク
【破壊力 - ? / スピード - D / 射程距離 - ? / 持続力 - A / 精密動作性 - ? / 成長性 - ?】
人型のスタンド。塩基配列の描かれた包帯状のラインが全身に走っており、顔の上半分と肩、腰の辺りは紫色の装飾品のようなもので覆われている。半径20m以内の遠隔操作で、人の記憶とスタンド能力をそれぞれ「ディスク」化させて奪い取ったり読んだりすることができる。スタンドのディスクは他の人間に挿入することでそのスタンドを使用することも可能である。また、ディスクを介して人や物を操ることもでき、「10m吹っ飛んでから破裂する」という物理的に不可能なことでも実行させることが可能。生物の行動だけでなく、物の状態をもディスクに込めた命令通りにする事も出来る。また、普通の市販の音楽CDを人間の頭部に差し込むことで、収録されている音楽をその者の声帯から再生させるということもできる。「記憶」をディスクとして抜かれた人間は意思がなくなり、何も考えられずディスクを元に戻さない限り徐々に衰弱していずれは死亡してしまう。劇中では少ないがプッチの命令に返答する場面もあり、自意識を持っていると思われる。激昂すると非常に口汚くなる。「緑色の赤ちゃん」との合体後にスタンドが変化したことに伴い消滅した。『オールスターバトル』の北米版では、"Pale Snake"(ペイルスネイク)と改名されている。ディスク化には以下2通りの方法が確認されている

 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%83%E3%83%

  出典 jojosoku.com

シー・ムーン(C-MOON)

シー・ムーン(C-MOON)
【破壊力 - ゼロ / スピード - B / 射程距離 - ? / 持続力 - ? / 精密動作性 - ? / 成長性 - ?】
緑色の赤ん坊と合体したプッチが、重力の影響を受けにくいケープ・カナベラルに到達した事で「ホワイトスネイク」が進化した姿。外見は「ホワイトスネイク」と緑色の赤ん坊双方の特徴を受け継ぎ、体のあちこちから能力を象徴するように矢印のようなものが突き出ている。重力に影響を与える力を持ち、本体の周囲3kmに存在する物体はプッチを上にして落下するようになり、攻撃した物体の引力を逆転させ、内と外を裏返しにする。この裏返りの作用でダメージを与えることも出来るが、裏返った物が再度攻撃を受けると能力が相殺されて元に戻り、メビウスの輪やクラインの壺のように表裏の概念が無い物体に対しては効力を発揮できない。スタンド像自体にパワーがない遠隔操作型であるが、単純な破壊力ではなく重力の影響によってダメージを与えるため、まともに攻撃すると近距離パワー型並の破壊力を持ち、本体から離れることによる破壊力低下の影響を受けない。『オールスターバトル』の北米版では、"Full Moon"(フル・ムーン)と改名されている。

 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%83%E3%83%

  出典 iso-labo.com

メイド・イン・ヘブン

メイド・イン・ヘブン
【破壊力 - B / スピード - 無限大 / 射程距離 - C / 持続力 - A / 精密動作性 - C / 成長性 - A】
最終決戦において、プッチが重力を最も軽減できる位置に到達したことで進化した、プッチのスタンドの完成形。それまでのプッチのスタンドとは全く異なる外見であり、前半身だけの馬から人の上半身が生えた姿をしており、顔の中心や手の甲には能力を象徴するかのように時計(或いは計器)のマークが描かれている。時を無限に加速させるスタンドであり、「天国へ行く方法」実現の鍵となる。プッチ以外の全生物は時の加速についていけず、傍目から見るとプッチや物体が高速移動しているように見える。スタンド自体の破壊力は「スタープラチナ」等と比較するとそれ程高くない(プッチ自身も「最強になるための力ではない」と述べている)が、時の加速による凄まじいスピードが加わることにより恐るべき攻撃力を生む。また、時に影響を与える能力を得たためか、この能力の発現前後から『「スタープラチナ」の能力によって止まった時』を認識できるようになる。単行本17巻掲載のスタンドパラメータでは時間の加速の原理について「全宇宙の「引力」を利用して加速しているようだ」と説明されている。弱点は、本体のプッチは自身の身体能力を超える活動を行えない事で、例えば泳いでいるイルカに対し時の加速によって速度でプッチが追いつく事はできても、イルカのように長距離を泳ぐ事はできない。

 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%83%E3%83%

 コメント


  • このエントリーをはてなブックマークに追加



FRUIT2016

FRUIT2016

都内在住で、Webクリエイターをしております。

FRUIT2016の新着

2017-03-22
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-03-21
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-03-21
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-03-21
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-03-20
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-03-20
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-03-20
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-03-19
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-03-19
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-03-18
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-03-18
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-03-17
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-03-16
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-03-16
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-03-15
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-03-15
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-03-15
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-03-14
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-03-14
ゲーム・アニメ・ITまとめ