過去ログ







325 PV

全国B級グルメランキング!!!

全国のB級グルメランキングをご紹介いたします。


更新日 2016-12-15

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

B級グルメとは、安価で、贅沢でなく、庶民的でありながら、おいしいと評判の料理のことである。1985年、1986年ころから使われるようになっている用語・概念である。外食の他に、家庭料理の場合もある。ただし、2006年ころから、各地で、安価で庶民的な料理を新たに造り、それを自地域のものとして地域おこしに活用しようとする試みが増え、その結果、「B級グルメ」と言っているのに、それ全般を指さずに、特定の地域に結びつけようとした料理、つまり「B級ご当地グルメ」に焦点が当たることが増えてきた。このような「B級(ご当地)グルメ」は、郷土料理とは大きく異なっており、歴史が浅く、農山漁村の生活に根付いたものではなく、基本的に近年になって開発された料理、作為的な料理である。また「町おこしのため」と称していても、実際には、特定の飲食店や特定飲食店グループが流行りに便乗して自店・自グループの目先の金儲けのためだけにやっていることが増え、批判されるようになっている。

 出典 B級グルメ - Wikipedia

用語・概念の歴史
最初に登場したのは1985年とされる。フリーライターの田沢竜次が雑誌『angle』に連載した記事をもとに、『東京グルメ通信 B級グルメの逆襲』(主婦と生活社)が刊行された。そして1986年に文春文庫ビジュアル版で田沢竜次もメインライターとして参加した『B級グルメ』シリーズが刊行され、この用語と概念が広がった。上記の文春文庫『B級グルメ』シリーズの担当編集者だった里見真三(本名・内藤厚、雑誌『文藝春秋』(文藝春秋)の元編集者)は、女性誌に書いてあった「この料理1万円はお安いわ」という一文に立腹し、「そこいらへんにある普通の食い物を楽しく賞味しよう」とB級グルメを提唱した。

 出典 B級グルメ - Wikipedia

B-1グランプリが引き起こした問題
「B-1グランプリ」の、「B-1」の「B」は「B級」ではなく「Brand」のB。そもそもB級グルメの祭典ではない。だがこの「B」を「B級グルメ」と勘違いしたり、強引に結び付けることが行われ、混乱が生じている。2006年に青森県八戸市で第1回が開催され、毎年1回行われるようになった。しかし、B-1グランプリに出場するのは特定団体の加盟団体に限定され、加盟団体も多くは「地域おこし」を標榜しながら、実際は飲食店などの「業界おこし」との指摘もある。知名度の上昇に比例し、2008年頃からグランプリ出場のために急造のB級グルメを創作する傾向が広がり、特にご当地焼きそば、ご当地カレーが乱立しており、単に地域特産の食材を無理やり詰め込んだだけで「ご当地グルメ」を名乗る安易な発想には批判も強い。

 出典 B級グルメ - Wikipedia

  出典 gurutabi.gnavi.co.jp

1位 金沢カレー

カラメルなどを入れて、黒っぽく、どろっとした濃厚なルーは「金沢カレー」ならでは。甘みある濃厚な味わいで、地元のみならず全国的な人気を誇る。ステンレスの皿に盛られ、フォークか先割れスプーンで食すのが金沢スタイル。さらに、付け合せは必ずキャベツの千切り、ルーはご飯が見えなくなるぐらいたっぷりと…、など独自の特徴を持つ。市内の飲食店で味わえるのはもちろん、通販でレトルトが売られるなど、県外でも楽しめるようになった。

 出典 金沢カレー 観光・旅行情報サイト【ぐるたび】

  出典 c-gurutabi.gnst.jp

2位 大阪のお好み焼き

小麦粉を水で溶いた生地にすりおろした長いもを加え、キャベツ、お好みの肉類や魚介類を入れ、鉄板で焼き、上にドロっとした甘口のソースを塗り、お好みで鰹節、青のり、マヨネーズをかけて食べる料理。起源はよく伝わっていないが、戦前から屋台で「洋食焼き」と呼ばれて親しまれており、当時1枚1銭で食べられたため、「一銭洋食」とも呼ばれていた。以来、戦後には肉類が高かったため、キャベツや魚介類に具材が変わっていったが、現在まで愛されている大阪を代表する味である。

 出典 大阪のお好み焼き 観光・旅行情報サイト【ぐるたび】

  出典 c-gurutabi.gnst.jp

3位 シロエビバーガー

世界でも大量にとれるのは富山湾だけという、非常に稀少なシロエビ。水晶のように透き通った白い姿から、「富山湾の宝石」と称されている。県内有数の漁港、新湊漁港近くの「道の駅カモンパーク」では、シロエビを使ったオリジナルのメニューを多数販売。中でも毎日完売するほど人気の名物が“シロエビバーガー”だ。シロエビのかき揚げに、手作りのタルタルソースがかかったバーガーは、サクサクの食感のシロエビの甘みがたまらなく美味!ボリュームも満点で、老若男女を問わず楽しめる味だ。

 出典 シロエビバーガー 観光・旅行情報サイト【ぐるたび】

  出典 c-gurutabi.gnst.jp

4位 門司港焼きカレー

明治から昭和にかけて海外貿易港として栄えた門司港には、多くの洋食店が軒を連ねた。昭和30年ごろ、栄町銀天街と呼ばれる繁華街にあった喫茶店で余ったカレーをご飯にのせオーブンで焼いたところ、香ばしくて美味しいと一躍評判を呼んだことが始まりとの一説がある。現在の“焼カレー”は、ご飯の上にカレーをかけたものにチーズや卵をのせてオーブンで焼くスタイルが定番だが、フグやエビ、イカといったシーフードから、バナナやさつまいもを加えるなど趣向を凝らした一品も登場し、門司港のご当地メニューとして注目を集めている。

 出典 門司港焼きカレー 観光・旅行情報サイト【ぐるたび】

  出典 c-gurutabi.gnst.jp

5位 ぬまづ丼

毎朝、たくさんの海産物が水揚げされる港町、沼津。その豊富な海産物を新鮮なうちにいただくという、贅沢な食べ方が一般的であったためか、今ひとつ「これぞ郷土料理!」というものに恵まれませんでした。しかしそれではパンチに欠ける、と、沼津をイメージした丼を作るためにコンテストを行い、優秀賞になったものが、この「ぬまづ丼」。日本一の「ぬまづのひもの」のほぐし身を混ぜた炊き込みごはんの上に、生シラス、生桜エビ、アジのタタキがこれでもか!というくらいのっている至極の一品。ともすれば、生臭い組み合わせになってしまいがちなのに、そこは港町、鮮度抜群、臭味皆無。薬味醤油が本来の役割を担って、日本人でよかったと思える海鮮丼に仕上がっています。

 出典 ぬまづ丼 観光・旅行情報サイト【ぐるたび】

  出典 c-gurutabi.gnst.jp

6位 福井県のソースカツ丼

福井でかつ丼といえばソースで食べる”ソースカツ丼”。「大正時代に私の祖父が作ったのが始まりだと聞いています」とは、福井市内で元祖ソースカツ丼の味を守り続けている老舗店主。作り方はシンプルで、揚げたてのかつを熱々のうちにウスターソースベースの秘伝のタレにつけ、熱いご飯の上にのせるだけ。箸で切れるほどにやわらかいかつと、甘味と酸味が醸すまろやかな口当たりは一度食べたら忘れられない味。福井市のスーパーではお弁当や単品で販売されているなど、地域に根付いたご当地丼だ。

 出典 福井県のソースカツ丼 観光・旅行情報サイト【ぐるたび】

  出典 c-gurutabi.gnst.jp

7位 三津浜焼き

松山市の港町「三津浜」発祥のB級グルメで、そばやうどんをはさんだお好み焼きだ。麺をはさむお好み焼きと聞くと、広島風が思い浮かぶが、三津浜焼きは、広島風よりも生地が薄く、クレープのような生地を折りたたむようにして、麺と具をはさんで仕上げるのが特徴。生地が薄いため、もっちりとしながらもあっさりとした食感で、野菜の甘みとソースが相成った絶妙の味わいが楽しめる。三津浜焼きをお店で注文するときは「そば(うどん)台(生地)付き」というのがお決まり。それを忘れると、ただの焼きそばや焼きうどんが出されるので注意。

 出典 三津浜焼き 観光・旅行情報サイト【ぐるたび】

  出典 c-gurutabi.gnst.jp

8位 松島カキ丼

松島の味覚は、まず何といっても海が産んだ美味の結晶”松島カキ”。小粒で身がしまっているのが特徴。食べ頃は10月~3月頃。そのカキを使って松島の観光協会が力を入れ、新しい松島名物にしようと売り出しているのが「松島カキ丼」である。町内のさまざまな飲食店が競ってカキとご飯のおいしい組み合わせを提供している。カキの卵とじをご飯に乗せたもの、ふっくらと焼き上げたカキをご飯の上に並べたもの、仙台味噌の特製タレを使ったカキ丼、カキフライをご飯の上に乗せて丼仕立てにしたもの等色々ある。

 出典 松島カキ丼 観光・旅行情報サイト【ぐるたび】

  出典 c-gurutabi.gnst.jp

9位 讃岐うどんバーガー

言わずと知れた香川県の代表的な食材“讃岐うどん”をハンバーガーの具材にした斬新な一品が“讃岐うどんバーガー”だ。気になる味はというと、かつおぶしやねぎなどの薬味がアクセントになった、“ぶっかけうどん”のような風味を楽しめる。揚げ固めた“讃岐うどん”にしょうが風味のしょうゆだれをかけ、その上から半熟玉子をトッピング。パンともよく合う、歯ざわりが楽しい和風バーガーだ。高松自動車道「津田の松原サービスエリア(上下線)」で販売。土日・祝日限定で売切れ次第終了となるので、早めの来店がお薦め。

 出典 讃岐うどんバーガー 観光・旅行情報サイト【ぐるたび】

  出典 c-gurutabi.gnst.jp

10位 有田丼

町の有志とフードコーディネーターが研究の末誕生した「どんぶりもの」。基本は地元のこだわりの食材「有田の棚田米」、「有機の野菜」、「ありたどり」を使った「照り焼き丼」「親子丼」「そぼろ丼」だが、各店舗が得意の味付けとアレンジで提供するものだ。器は陶磁器デザイン開発研究会メンバーから6社の窯元・商社によって作られたこだわりの八角反鉢または八角鉢であり、見た目に豪華な雰囲気である。有田の食材と器の競演を楽しみたい。

 出典 有田丼 観光・旅行情報サイト【ぐるたび】

 コメント


  • このエントリーをはてなブックマークに追加



FRUIT2016

FRUIT2016

都内在住で、Webクリエイターをしております。

FRUIT2016の新着

2017-07-24
エンタメまとめ
2017-07-24
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-07-24
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-07-24
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-07-23
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-07-23
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-07-23
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-07-23
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-07-23
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-07-22
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-07-22
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-07-22
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-07-22
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-07-22
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-07-22
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-07-21
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-07-20
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-07-20
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-07-20
エンタメまとめ