過去ログ







356 PV

『NARUTO』大全!!!!!11/11

ついに原作も終了し、アニメも終わりに近づきつつある『NARUTO』!!その15年にもおよぶ『NARUTO』の軌跡をたどる!!


更新日 2016-11-03

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  出典 battle-one.com

大筒木カグヤ(おおつつき カグヤ)
声 - 小山茉美
大筒木ハゴロモと大筒木ハムラの母。人類で初めてチャクラを駆使した人物。事実上、黒ゼツを介してマダラやオビトに「月の眼計画」を示し、操っていた本作の最大の黒幕。人類がチャクラという言葉すら知らなかった遥か昔、争いを終結させるべく、遠い地からやってきて人々が崇め敬い決して口にしてはならないと伝承があった十尾の最終形態・神樹に成った禁断の実を食べてチャクラを手にし争いを治め、人々は彼女を「卯の女神」と崇め恐れた。乱世を終わらせた後も一人の力で世界を束ねたが次第にその力はうぬぼれを生み、人々は恐れるようになり、いつしか「鬼」と呼ばれるようになった。地面にまで届くほどの長い白髪で頭に2本の角を生やし、両目に白眼、額に第三の眼として「輪廻写輪眼」を有する[75]。神秘的な概観をしているが、その内面に関しては酷く歪んでおり、「愛情」といった感情は皆無に等しい。自らのチャクラを奪う形で生まれてきた息子のハゴロモとハムラの事すらも所有物のようにしか思っておらず、ナルトとサスケに彼ら2人の面影を見出して涙する一方で、かつて2人に封印された憎悪を抱いており、醜いまでの独占欲や支配欲を見せている。この為、ナルトからは「子離れの出来ない母親」と見なされており同時に「心が無いようだった」と評されている。かつては民からの信望も厚い人格者だったらしいが、いつしか鬼と呼ばれるほどに変貌した理由についてハゴロモはチャクラの実を口にした時に何かが始まっていたと推測していた。かつて無限月読の力で大勢の人々を取り込んで白ゼツの兵団を作り、いずれ現れる「自分をも脅かす存在(=モモシキとキンシキ)」との戦いの準備をしていたが、そのやり方を良しとしなかったハゴロモとハムラは反抗。二人からチャクラを取り戻そうと(おそらく)神樹と同化して十尾化し、息子達の手で外道魔像として彼らが作った月に封印される事になった。しかし、封印される寸前に、自らの力で後に「黒ゼツ」と呼ばれる事になる三人目の息子を産み落とした。以降はカグヤの意志を告ぐ形で黒ゼツは様々な暗躍を重ねる事になり、永き戦乱の時代の裏で復活の機会を虎視眈々と狙っていた。

 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/NARUTO_-%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%88-%E3%81%AE%E7%99%BB%E5%A0%B4%E4%BA%

  出典 cached.static.festy.jp

六道仙人(りくどうせんにん) / 大筒木ハゴロモ(おおつつき ハゴロモ)
声 - 立川三貴、中根徹(九喇嘛の回想)、加藤将之(青年時代)
大筒木カグヤの子にして忍の始祖。チャクラの真理を解き明かし、「忍宗」の開祖となった伝説の僧侶。かつて荒廃した世界を救った救世主で、忍びの神として崇められた。全ての始まりの者とも乱れた世界に安寧と秩序を齎す創造神とも世界を無に帰す破壊神とも伝えられ、実在したことさえ曖昧な神話のような存在。三大瞳術の一つである血継限界「輪廻眼」の最初の開眼者にして、体内に十尾を宿した最初の人柱力。

 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/NARUTO_-%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%88-%E3%81%AE%E7%99%BB%E5%A0%B4%E4%BA%

  出典 pbs.twimg.com

大筒木インドラ(おおつつき インドラ)
声 - 近藤隆、志田有彩(少年・青年時代)
ハゴロモの長男。生まれながらに仙人の「眼」(チャクラの力と精神エネルギー)を授かっている。弟とは違い優秀で強い瞳力とセンスを合わせ持ち、何でも一人の力でやりぬき己の力が他人とは違う特別なものと知り、平和には「力」が必要だと悟った。忍宗の跡目争いに負けた後、カグヤが産み落とした黒ゼツに唆されてアシュラに戦いを挑むも敗北し逃亡。力を理想とする一派(うちは一族)の祖となり、ハゴロモが死ぬ直前、「アシュラとその一族、そして忍宗をこの世界から滅ぼすまで戦い続ける」と告げる(疾風伝)。死後、そのチャクラは消えることなく転生を繰り返し、うちはマダラを経て現在はサスケに転生している。

 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/NARUTO_-%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%88-%E3%81%AE%E7%99%BB%E5%A0%B4%E4%BA%

  出典 

大筒木アシュラ(おおつつき アシュラ)
声 - 杉山大、大原桃子(少年・青年時代)
ハゴロモの次男。生まれながらに仙人の「肉体」(生命力と身体エネルギー)を授かっている。しかし、兄とは違い落ちこぼれで一人では何もできなかったが、自身の努力と他人の協力により肉体のチャクラの力を開花させインドラと並ぶ力を得た。皆の協力と助けがあったからこそ強くなれたと理解し、平和には「愛」が必要だと悟った。協力という繋がりこそ本当の力だと感じたハゴロモに忍宗の後継者に指名されるが、インドラがそれを認めなかったことで長きに渡る争いが始まり、後の千手一族の祖となった。死後、そのチャクラは消えることなく転生を繰り返し、千手柱間を経て現在はナルトに転生している。

 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/NARUTO_-%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%88-%E3%81%AE%E7%99%BB%E5%A0%B4%E4%BA%

  出典 pbs.twimg.com

大筒木ハムラ(おおつつき ハムラ)
声 - 江川央生(THE LAST)、細谷佳正(青年時代)
大筒木カグヤの子でハゴロモの弟。額に2本の角が生えており両目には白眼を有している。『陣の書』では性格は厳格とされている。かつてハゴロモと共に、神樹の化身である十尾と戦った。戦闘後、大筒木一族の長となり、十尾の抜け殻である外道魔像を監視するため、一族と共に月へ移住した。

 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/NARUTO_-%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%88-%E3%81%AE%E7%99%BB%E5%A0%B4%E4%BA%

  出典 images.ciatr.jp

一尾
名前:守鶴(しゅかく)
声 - 岩崎ひろし
人柱力:分福→我愛羅
特徴:砂で形成された小山のような体躯とそれより更に巨大な尾を待ち、体表に隈取りのような文様がある化け狸の姿を持つ。
封印された者の特徴:絶えず尾獣に精神を乗っ取られる危機に陥り、不眠症になるため目の周りに隈ができ、情緒不安定になる傾向がある。

 出典 尾獣 - Wikipedia

  出典 blog-imgs-53.fc2.com

二尾
名前:又旅(またたび)
声 - 白石涼子
人柱力:二位ユギト
特徴:全身を青い高熱のチャクラで覆われた獰猛な猫又の姿を持つ。右目が黄色、左目が緑色のオッドアイをしている。

 出典 尾獣 - Wikipedia

  出典 images.ciatr.jp

三尾
名前:磯撫(いそぶ)
声 - 宗矢樹頼
人柱力:のはらリン→四代目水影・やぐら
特徴:鋭く尖った角と巨大な甲羅、海老に似た3本の尾を持つ亀に似た姿をしている。右目が潰れており、人間によく似た顔を持つ。腹には畝のような赤い甲羅がある。後ろ足は確認されていない。

 出典 尾獣 - Wikipedia

  出典 

四尾
名前:孫悟空(そんごくう)
声 - 安元洋貴
人柱力:老紫
特徴:筋骨隆々の赤い体色のゴリラの姿をしており、頭部には「きんこじ」がついている。上顎からは二本の長大な牙が生えており、口から溶岩を吐く。

 出典 尾獣 - Wikipedia

五尾
名前:穆王(こくおう)
声 - 園崎未恵
人柱力:ハン 
特徴:作者曰く「イルカと馬を合体させた姿」であり、白色の毛並みに数本の角、眼下の赤い模様を併せ持つ。尾獣の中でも特に巨体である。

 出典 尾獣 - Wikipedia

六尾
名前:犀犬(さいけん)
声 - 入野自由
人柱力:ウタカタ
特徴:体はスライムのようにどろどろした粘液で覆われていて、カエルの両手足を持つナメクジのような姿をしている。

 出典 尾獣 - Wikipedia

  出典 pic.prepics-cdn.com

七尾
名前:重明(ちょうめい)
声 - 鈴村健一
人柱力:フウ 
特徴:背に巨大な角を持つカブトムシに似た姿。西洋鎧に酷似した外骨格と、明緑色である6枚の巨大な羽と1本の長い尾を持っている。
封印された者の特徴:腰の付け根から虫の羽が飛び出し、自在に飛行できるようになる。

 出典 尾獣 - Wikipedia

  出典 jernel.seesaa.net

八尾
名前:牛鬼(ぎゅうき)
声 - 相沢まさき
人柱力:ブルービー→キラービー
特徴:前後4本の角(前頭部の片方の角は牛角状で、片方はブルービーの暴走の際にエーにより折られている)に8本の尾(タコの触手)、人間の上半身をあわせ持つ巨大な暴れ牛。尾は切られても再生する。
封印された者の特徴:ビーは自分の意思で自在に尾獣化、コントロールが可能であり、尾獣の「朱いチャクラ」を8本目まで身に纏ってもかつてのナルト(九尾)のように暴走や肉体的負担はなく、精神を乗っ取られる事もない。ナルト同様、通常のチャクラの衣を身に纏う際は犬歯や爪が伸び、それ以上の変身時にはキラービーの皮膚が剥がれる。

 出典 尾獣 - Wikipedia

  出典 

九尾
名前:九喇嘛(クラマ)
声 - 玄田哲章
人柱力:うずまきミト→うずまきクシナ→うずまきナルト(陽) / 波風ミナト→うずまきナルト(陰)
特徴:火の印からの無尽蔵のチャクラ、オレンジ色の人の手足と九本の尻尾を持つ狐の姿をしている。
封印された者の特徴 <尻尾0~3本目>犬歯および爪が伸び、瞳孔がネコのように縦長型になり虹彩部分が赤色に変色。「朱いチャクラ」が人柱力の体を覆い、1本目からは尾獣の尾を象るチャクラの「尾」および体全身を九尾を模した「チャクラの衣」が出現、怒りに伴い本数が増えていく。
<4本目>人柱力の意識がなくなり暴走。皮膚が剥がれ血のごとき「朱いチャクラ」が表面化、人柱力の体表を赤黒く覆い九尾の肉体を形成し始める。
<6本目>九尾のチャクラの上に更に妖狐の骨格らしきものが形成される。
<8本目>巨大化し、表皮のない九尾の姿に変化する。
完全にコントロールすると九尾のチャクラが六道仙人の姿をかたどる。
九尾のチャクラは木遁が影響を受けるほど生命力に溢れている。
他者の悪意を感じ取れる様になる。
四代目雷影・エーの雷遁チャクラモード以上の速度で移動できる。
コントロールが不完全だった場合、邪念に取り込まれチャクラが朱くなり、九尾の骨格ができ暴走する(疾風伝オリジナル)。
完全にシンクロすることでチャクラモード時の輪郭がはっきりし、羽織を身に纏いより六道仙人の姿に近づく。
他の人柱力や尾獣と違い、尾獣化は「尾獣モード」と呼称される独自の形態をとる。肉体の変化ではなく、ナルトを覆うチャクラがそのまま九尾の姿になり、中に他の人を入れることもできる。頭や腕、尾など一部だけを具現化することも可能。このため、いうなれば「ナルト版須佐能乎」というべき形で力が発現している。
このモードの状態だと自然エネルギーの取り込みが早く、仙人モードとの融合で仙術チャクラを「尾獣玉」に混ぜ込むことができる。

 出典 尾獣 - Wikipedia

  出典 i1.073img.com

 コメント

1.名前:Bardo 投稿日:2016/11/17(木) 19:05:13
Four score and seven minutes ago, I read a sweet arilcte. Lol thanks

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



FRUIT2016

FRUIT2016

都内在住で、Webクリエイターをしております。

FRUIT2016の新着

2017-03-22
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-03-21
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-03-21
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-03-21
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-03-20
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-03-20
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-03-20
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-03-19
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-03-19
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-03-18
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-03-18
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-03-17
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-03-16
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-03-16
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-03-15
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-03-15
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-03-15
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-03-14
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-03-14
ゲーム・アニメ・ITまとめ