過去ログ







292 PV

続編が期待されるアニメvol.369『闘牌伝説アカギ』

近年のアニメの中ではかなりのクオリティであるにもかかわらず、いまだ続編が制作されていないアニメをご紹介します。


更新日 2017-02-12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  出典 
闘牌伝説アカギ 闇に舞い降りた天才|日本テレビ
http://www.ntv.co.jp/akagi/
日本テレビ「闘牌伝説アカギ 闇に舞い降りた天才」公式サイトです

『アカギ 〜闇に降り立った天才〜』(アカギ やみにおりたったてんさい)は、福本伸行による日本の麻雀漫画。『近代麻雀』(竹書房)にて1992年から隔号(月1)連載中。同著者作品『天 天和通りの快男児』からのスピンオフとして、同作の登場人物である“伝説の雀士”赤木しげるの高い人気を受け、彼を主役としその若き日の伝説を築き上げていく姿が描かれた作品。他の作品同様、その人気の所以は人間の内面を事細かな心理描写をもって表されているところにあり、2016年現在、福本作品の中で最長連載期間を更新し続けている(単行本数は『賭博黙示録カイジ』シリーズの方が多い)。心理描写が作品の中心ということだけあって、時に遅々として物語が先に進まないこともある。著者の福本はテレビアニメ版のガイドブック上でのインタビューで「短くしたいと思っている」と語っていたものの、現在連載中の「鷲巣麻雀編」に至っては、作品内の設定では半荘6回の勝負であるが、「鷲巣麻雀編」が開始されてから19年以上経過した現在(2017年現在)でも決着が着いていない。2013年には決着を思わせる決定的な局面を迎えたものの、舞台は「地獄」に移り、鬼退治編に突入。麻雀は完全に中断され、地獄の屈強な鬼たちと、鷲巣たち亡者とのコミカルな戦いが約1年にわたり描かれ続けた。その後、鷲巣は地獄の幻想から目を覚まし闘牌が再開されたものの、オーラスは配牌のみで9ヶ月を要するなど決着は未だ見えていない。「近代麻雀」2017年3/1号(2017年2月1日発売)にて、残り3話で鷲巣麻雀が決着することが予告された。

 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%82%AE_%E3%80%9C%E9%97%87%E3%81%AB%E9%99%8D%E3%82
  

出典 Youtube

アカギ の名言集はびっくり

  出典 

アカギ / 赤木しげる(あかぎ しげる)
声 - 萩原聖人、演 -本郷奏多(ドラマ)/柏原崇(Vシネマ)
本作の主人公。ただならぬ雰囲気を漂わせた白髪の少年。麻雀をはじめとするギャンブル全般に、異常なまでの勝負強さを発揮する天才博徒。才気、精神性、運量といったすべての面で常軌を逸しており、対戦相手から「悪魔」と比喩され、相手を呑み込むその打ち筋は「闇」「ブラックホール」と銘打たれる。若年ではあるが、数々の修羅場をくぐり抜けていき、裏社会で伝説を築き上げていく。また、上記の経歴ゆえに腕っぷしもかなり強く、素人相手なら数人がかりでも軽くひねるほど。しかし、さすがに多勢のヤクザ相手には敵わない。初登場時の1958年で13歳。再登場した6年後の19歳、さらに1年後の20歳の姿が描かれる。狂気と無欲からくる独自の死生観を持ち、自らの判断と信念には一切迷わず命を賭ける。その生き方は死にたがりのようですらあるが、クールさの奥に真の勝負を希求する熱さを秘めている。

 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%82%AE_%E3%80%9C%E9%97%87%E3%81%AB%E9%99%8D%E3%82

  出典 

南郷(なんごう)
声 - 小山力也、演 - 尾藤イサオ
アカギが麻雀の世界に入るきっかけとなった人物。無精ひげを蓄えた大柄な中年男。株の損やギャンブルで300万の借金を背負い、借金返済するためにヤクザ相手に命がけの勝負をしていた際、アカギと出会い命を救われた。作中で様々な狂人・異才が登場する中、最も常識的な人間臭さが目立つ。アカギが市川に勝ったことで400万円(現在の紙幣価値で4000万)の大金を手に入れるもそこで自身とアカギとの勝負師としての違いに気づき、それ以降ギャンブルから足を洗う。その後、石川に頼まれアカギに会いにいった。

 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%82%AE_%E3%80%9C%E9%97%87%E3%81%AB%E9%99%8D%E3%82

  出典 blog-imgs-26.fc2.com

安岡(やすおか)
声 - 玄田哲章、演 - 神保悟志(ドラマ)/寺田農(Vシネマ)
暴力団と密接なつながりがある悪徳刑事。元々、アカギとは追う側と追われる側の立場だったが、アカギの才に触れて以降は対局場を用意するなどアカギのサポート役にまわる事が多い。自分が儲けるためにアカギを利用しているのだが、意外と人情に篤い部分もあるなど憎めない一面も持つ。鷲巣麻雀ではアカギの下家に入り、鈴木と同様に基本的にはアカギへの差し込み牌を備える役目。アカギの意図を読み損ね、アカギの足を引っ張ることもある。『ワシズ』に於いて若き頃の安岡らしき人物が登場している。また、原作・アニメでは刑事を続けているが、Vシネマでは昭和34年時点で刑事職を辞している。

 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%82%AE_%E3%80%9C%E9%97%87%E3%81%AB%E9%99%8D%E3%82

  出典 

鷲巣巌(わしず いわお)
声 - 津嘉山正種、演 - 津川雅彦
アカギ究極の敵とされる、戦後の日本を裏から支配し巨万の富を築いた闇の帝王。アカギが唯一自分の同類と認めている人物。1965年8月の時点で75歳。本作の裏主人公的な存在で、後述するエピソードや鷲巣側の目線で物語が進むことがある。卓越した先見性と頭脳、そして神懸かり的な「剛運」をもつ別名“昭和の怪物”。戦前は内務省の官僚で特高に携わったが、ミッドウェー海戦を機に日本の敗戦を予見し退職。敗戦による日本の有り様を目の当りにしその後の人生を勝ちと定め覚醒する。戦後経営コンサルタント会社「共生」を設立、内務省時代に掴んだコネやスキャンダルを駆使して戦後の日本復興に多大な功績を残すと共に巨財と絶対的な権力を築き上げ、国家を闇から牛耳る「王」となった。しかし老いと死への絶望から狂い、「鷲巣麻雀」を仕立てて若者の命を弄び、それにより若者が敗れ死に絶える様を見ることを最高の愉悦とするようになった。

 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%82%AE_%E3%80%9C%E9%97%87%E3%81%AB%E9%99%8D%E3%82
マイキットまとめ
http://mykit.pw/search.php?keyword=%E7%B6%9A%E7%B7%A8%E3%81%8C%E6%9C%9F%E5%BE%85%E3%81%95%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1&searchBtn4.x=0&searchBtn4.y=0
ネットで話題の事や2chの投稿など様々な情報をまとめ保存、公開できます。アフィリエイトも可能で、ブログを作ることもできるサービス

 コメント


  • このエントリーをはてなブックマークに追加



FRUIT2016

FRUIT2016

都内在住で、Webクリエイターをしております。

FRUIT2016の新着

2017-06-29
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-06-29
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-06-29
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-06-28
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-06-28
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-06-28
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-06-27
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-06-27
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-06-27
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-06-26
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-06-26
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-06-26
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-06-26
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-06-26
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-06-26
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-06-26
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-06-25
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-06-25
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-06-25
ゲーム・アニメ・ITまとめ