過去ログ







545 PV

『NARUTO』大全!!!!!7/11

ついに原作も終了し、アニメも終わりに近づきつつある『NARUTO』!!その15年にもおよぶ『NARUTO』の軌跡をたどる!!


更新日 2016-11-03

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  出典 rr.img.naver.jp

うちはイズナ
声 - 杉山紀彰→時永洋、東内マリ子(少年)
マダラの弟。享年24歳。身長174cm。体重55kg。幼少の頃から兄のマダラと互いに競い合ってその力を高め合っており、後に兄弟共々に写輪眼や万華鏡写輪眼に開眼し、その力を以って兄と共に一族を束ねる立場となったが、マダラが万華鏡写輪眼の代償として視力を失った際には頭領の戦闘力喪失による一族滅亡を防ぐために迷いなくマダラに両目を差し出し、その後の戦乱の中で命を落とした。イタチの話ではマダラに殺されて万華鏡写輪眼を奪われたとされているが、実際はそのどちらも誤りで、扉間から受けた傷が元で亡くなった後にマダラが眼を移植したというのが真実である。

 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/NARUTO_-%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%88-%E3%81%AE%E7%99%BB%E5%A0%B4%E4%BA%

うちはカガミ
声 - 河西健吾
猿飛ヒルゼンや志村ダンゾウらと共に二代目火影である千手扉間率いる部隊で活躍した上忍で、シスイの先祖。享年25歳。うちは一族の中では珍しく低い鼻で、癖っ毛も特徴である。シスイやイタチと同じように一族を越えて里のことを考えて尽力していたため、うちは一族を警戒していた二代目火影である千手扉間からも大きな信頼を得ていた。また、疾風伝暗部篇ではダンゾウが「あやつの瞳術には幾度も助けられた」と述懐している。

 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/NARUTO_-%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%88-%E3%81%AE%E7%99%BB%E5%A0%B4%E4%BA%

うちはタジマ
声 - 松本忍
マダラ・イズナの父。享年42歳。身長179cm。体重60kg。どこか嫌味を含めた敬語で話すのが特徴。マダラが敵対する千手一族の少年である柱間と交友関係にあるのを知り、千手の情報を得るためにマダラと会っていた柱間をイズナと共に襲撃した。

 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/NARUTO_-%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%88-%E3%81%AE%E7%99%BB%E5%A0%B4%E4%BA%

日向コウ(ひゅうが コウ)
声 - 上田燿司
日向一族分家の男。ヒナタの付き人のような役回りであり、ヒアシから疎んじられていた頃のヒナタを気に掛けていた。ペイン襲来時に、ナルトの援護に向かおうとしたヒナタの身を守ろうと制止を図っていた。

 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/NARUTO_-%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%88-%E3%81%AE%E7%99%BB%E5%A0%B4%E4%BA%

  出典 images.ciatr.jp

うちはイズミ
声 - 松井暁波
うちは一族の忍で、イタチの同期であり幼馴染。故人。小説版とアニメオリジナル「イタチ真伝篇」に登場するキャラクター。性格は基本的に礼儀正しく温厚だが、イタチとの初対面で、胸の前で手を組みながら話すなど乙女らしい一面もある。5歳の時に父親を九尾襲来事件で喪い、悲しみにより写輪眼を開眼させた。忍者学校時代に忍の実力が秀でていたイタチに恋をする。初めて対面した時は上手く話しかけられなかったが、イタチが最上級生3人組に絡まれた時に助けた事で、徐々に会話する良好な関係となっており、イタチもイズミに対し好意を持っていた。

 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/NARUTO_-%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%88-%E3%81%AE%E7%99%BB%E5%A0%B4%E4%BA%

うちはヤシロ、うちはイナビ、うちはテッカ
声 - 長嶝高士(ヤシロ)、下山吉光(イナビ)、小杉十郎太→岐部公好(テッカ)
木ノ葉警務部隊の隊員たち。

 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/NARUTO_-%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%88-%E3%81%AE%E7%99%BB%E5%A0%B4%E4%BA%

  出典 www.charapedia.jp

日向ハナビ(ひゅうが ハナビ)
声 - 浅井清己ヒナタ
より5歳下の妹で、日向一族の跡取り候補。8→12歳。身長132→?cm。体重28→?kg。彼女を超える才能と実力を持つと言われ、宗家の跡取りとなるべくエリート教育を受けている。趣味はヒアシとの修行。原作での出番、『THE LAST』公開前スペシャルのアニメにて彼女が語り部となるエピソードで設定が補完されている。姉のヒナタを幼少の頃より慕っているが、優しすぎるがゆえに跡目争いから脱落したヒナタに代わり、日向一族を守らなければならないという自身に定められた運命と考え、孤独の中で強さを追い求める日々を送っていた。しかし、ヒナタがナルトの影響を受け落ちこぼれから脱却していく様子を見て次第に疑問を持つようになり、最終的にペイン戦における彼女の活躍を知って自らの考えが間違っていたことに気づき、運命ではなく自分自身の意思で宗家を継ぐ事を決意した。第四時忍界大戦では防衛のため里に残り、ヒナタたちを見送っている。

 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/NARUTO_-%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%88-%E3%81%AE%E7%99%BB%E5%A0%B4%E4%BA%

  出典 tn-skr1.smilevideo.jp

日向ヒアシ(ひゅうが ヒアシ)
声 - 津田英三
ヒナタ・ハナビの父で、ネジの伯父。日向宗家の当主。42→46歳。身長176cm。体重59kg。「日向は木ノ葉にて最強」と自負している。才能の乏しいヒナタを切り捨てるほど非常に厳格[47]だが、弟のヒザシが自分の身代わりとして殺されることには最後まで反対していた(この事件が一族のためなら私情を挟まないより厳格な姿勢に起因している)。ヒザシ絡みのことで甥のネジに対して罪悪感を抱いており、ネジからは父の仇と恨まれていたが、後に和解し彼の修行にも付き合う。ヒナタに対しても原作でネジとともに3人で茶を飲むシーンがあり、和解している様子。

 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/NARUTO_-%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%88-%E3%81%AE%E7%99%BB%E5%A0%B4%E4%BA%

  出典 

日向ヒザシ(ひゅうが ヒザシ)
声 - 伊藤和晃
ネジの父。ヒアシの双子の弟で、ヒナタ・ハナビの叔父。享年32歳。身長176cm。体重58kg。分家の者なので、「籠の中の鳥」の印が額に刻まれている。宗家のことは憎んでいたが、雲隠れの里との戦争回避の際、「宗家ではなく兄と家族、そして里を守る」ためにヒアシの影武者として自ら死を選び、命を落とす。第四次忍界大戦ではカブトの「穢土転生」によって蘇生され、ヒアシと接触・交戦することになる。操られ戦う現状を「宗家を恨んだ罰」と嘆くが、ヒアシからネジの成長を聞かされ驚愕する。その後は「穢土転生」の解除で昇天した。

 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/NARUTO_-%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%88-%E3%81%AE%E7%99%BB%E5%A0%B4%E4%BA%

日向トクマ(ひゅうが トクマ)
声 - 坂巻学
日向の分家の一人で、アンコにして「日向一の白眼の使い手」と言わしめた男性。アンコ率いるカブト追跡隊に加わっていた。

 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/NARUTO_-%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%88-%E3%81%AE%E7%99%BB%E5%A0%B4%E4%BA%

日向の長老
声 - 長克巳(第63話)→津田英三(疾風伝第192話(第412話))→真田五郎(疾風伝第389話(第609話)以降)
日向一族宗家の男。

 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/NARUTO_-%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%88-%E3%81%AE%E7%99%BB%E5%A0%B4%E4%BA%

  出典 

千手仏間(せんじゅ ブツマ)
声 - 奥田啓人
千手一族の元長。柱間と扉間の父で、綱手の曽祖父。享年不明。身長180cm。体重71kg。子供を犠牲にしてまで争いばかりを続ける忍の世界が間違っていると主張した柱間を殴りつけるなど非常に厳格な性格。マダラの父・うちはタジマとは互角の実力。扉間の尾行により柱間がうちはの少年であるマダラと幾度も会っていることを知り、マダラからうちは一族の情報を入手、場合によっては殺害を柱間に命じ、少年時代のマダラと柱間が交流をやめるきっかけをつくった。

 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/NARUTO_-%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%88-%E3%81%AE%E7%99%BB%E5%A0%B4%E4%BA%

千手瓦間(せんじゅ カワラマ)
柱間と扉間の弟で、板間の兄。享年7歳。右頬に十字傷がある。羽衣一族・うちは一族との戦闘で死亡する。

 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/NARUTO_-%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%88-%E3%81%AE%E7%99%BB%E5%A0%B4%E4%BA%

千手板間(せんじゅ イタマ)
声 - 東内マリ子
四兄弟の末弟。身長135cm。右側が黒で左側が白の髪型が特徴。瓦間没後に起こったうちは一族との戦闘で死亡する。

 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/NARUTO_-%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%88-%E3%81%AE%E7%99%BB%E5%A0%B4%E4%BA%

  出典 

烈斗(レト)
声 - 松本忍
初代風影。享年58歳。身長195cm。体重81kg。圧倒的な力で、砂漠の強者を治めた砂隠れの創始者。初の五影会談の折、木ノ葉の里には隣接する肥沃な土地を、他里には柱間から尾獣を購入する金額の3割の提供を要求した。

 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/NARUTO_-%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%88-%E3%81%AE%E7%99%BB%E5%A0%B4%E4%BA%

  出典 

沙門(シャモン)
二代目風影。スキンヘッドに龍の刺青をしている。初の五影会談では初代風影を護衛した。風影に就任すると里のさらなる軍拡を目指し、守鶴を兵器として転用するため人柱力の研究を開始した。また、寡兵で大軍と渡り合うために傀儡忍術の開発等も行い自里の軍事力を向上させた。

 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/NARUTO_-%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%88-%E3%81%AE%E7%99%BB%E5%A0%B4%E4%BA%

  出典 

三代目風影
声 - 河合みのる
チャクラを磁力に変えることができる特殊な体質とかつての守鶴の人柱力が使用した術を利用し、血継限界である磁遁を開発・使用した風影。砂鉄を変幻自在に操り、その術を以って歴代最強と謳われた。

 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/NARUTO_-%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%88-%E3%81%AE%E7%99%BB%E5%A0%B4%E4%BA%

羅砂(ラサ)
声 - 田中正彦
四代目風影。テマリ・カンクロウ・我愛羅の父で、加琉羅の夫。享年40歳。身長176cm。体重64kg。生前は三代目風影の失踪に伴い若くして風影に就任したが、風の国の大名の軍縮の方針の中、妻や息子・我愛羅を犠牲にしてまでも里の力の強化を図っていた。我愛羅との親子関係は劣悪そのもので、彼を見る表情は冷酷だった。ただし、それは風影としての責務や周囲からのプレッシャーがそうさせていた模様。「穢土転生」で蘇った際には、大蛇丸が「穢土転生」を使用できることを知っていた。使用する術は砂金を操る血継限界の磁遁であり、守鶴が暴走した時もこれで対処する。また、この砂金を取引に使うことで軍縮が進む中で里の安定を保っていた。

 出典 https://ja.wikipedia.org/wiki/NARUTO_-%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%88-%E3%81%AE%E7%99%BB%E5%A0%B4%E4%BA%

  出典 i.ytimg.com

  出典 

 コメント


  • このエントリーをはてなブックマークに追加



FRUIT2016

FRUIT2016

都内在住で、Webクリエイターをしております。

FRUIT2016の新着

2017-05-29
くらし・ネタまとめ
2017-05-29
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-05-29
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-05-27
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-05-27
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-05-27
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-05-27
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-05-27
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-05-27
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-05-27
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-05-27
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-05-27
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-05-27
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-05-27
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-05-27
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-05-26
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-05-26
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-05-26
ゲーム・アニメ・ITまとめ
2017-05-26
ゲーム・アニメ・ITまとめ